2016年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20160074402

●科目区分
言語文化Ⅱ

●科目名
中級スペイン語1
●主担当教員名
川田 玲子

●単位数
2単位

●開講時期
前期
木・4
●対象学部
全学部



●本授業の目的およびねらい

 一年次又は初級スペイン語で身につけたスペイン語の知識をもとに、スペイン語力のさらなる向上を目指す。

●履修条件あるいは関連する科目等

 第I・II期のスペイン語1・2・3・4または初級スペイン語1・2の授業を終えている、もしくはそれに相応する基礎知識を有すること。

●授業内容

 この授業では初級文法知識を有する参加者を対象に中級文法の学習と会話練習および講読をおこなう。
 文法事項の説明に関しては動詞の過去時制(点過去と線過去、過去完了)と未来時制(未来、過去未来、未来完了、過去未来完了)および接続法現在時制・過去時制を中心に毎回30分程説明する予定であるが、受講者の状況をみて柔軟に対応をする。
 残りの時間で会話・講読といった実践力を高める練習をおこなう。毎回の講義で1.日常生活に関する簡単なLecturaやDiálogoを読む。2.表現コーナーを設け、テーマに関連するスペイン語特有の表現を学ぶ。3.LecturaやDiálogoのテーマに関して質疑応答をする。会話練習は2〜4人のグループ形式でおこなう。
 参加者は適宜配布されるLecturaやDiálogoを読んでくること。
 なお、毎回最後に簡単な作文を書く。

●成績評価の方法

 出席、授業への積極的な参加、随時おこなう理解状況確認小テスト、定期試験(60%)など総合的に評価する。

●教科書

 教官が必要資料を予め配付する。

●参考書

 山田義郎監修『中級スペイン語文法』白水社
 その他については初回の講義の際に紹介する。

●注意事項

 毎回西和辞典を持参すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

 このクラスは中級レベルの学生が対象となっていますが、受講者のレベルは毎年異なります。初・中級レベルの受講者が大半の学期があれば、上級レベルの受講者が多い学期もあります。また外国人学生が多い学期もあれば、日本人学生のみの学期もあります。そこで、受講者の顔を見てから、講義の方法やテーマなどを最終決定することにしています。
 目的は「それぞれの学生の会話力と作文力の向上を目指す」です。グループ練習を取り入れ、ひとりひとりの受講者が出来るだけ多く会話をするようにします。必要に応じて文法説明も加えていきます。会話練習をする時は間違えることを気にせず、積極的に参加しましょう。間違えることは悪いことではありません。覚えるためのきっかけです。自分の間違いや他の受講生の間違いに気づいたときは正しい表現を確認しましょう。そして覚えていきましょう。
 楽しくスペイン語を学びましょう。!Disfrutemos en la clase¡



時間割一覧へ戻る