2016年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20160032111

●科目区分
言語文化Ⅱ

●科目名
中級ドイツ語1
●主担当教員名
白川 茜

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
火・1
●対象学部
文学部
経済学部



●本授業の目的およびねらい

母語と第一外国語(英語)以外の言語に触れることによって、言語の多様性を学ぶと同時に、その言語の持つ世界や視点、その言語が話されている地域の文化についての知識を得て、幅広い興味や視野を養成することを目的としています。
定期テストや単位取得のための勉強ではなく、受講者が関心のある事柄を本やネットで読んだり、留学・旅行で役立てられたりできるような「生きた言語」の習得を目指します。

●履修条件あるいは関連する科目等

1年次におけるドイツ語初級文法を一通り終えており、さらにそれを十分理解していることを前提とした授業です。

●授業内容

これまで習得してきたドイツ語の基本的な文法知識を今いちど振り返り、復習することで、より確実なドイツ語能力の獲得を目指していきます。初級から中級へとさらにステップアップするため、日常会話で使われる表現とともに、熟語やドイツ語独特の言い回しなどをより詳細に学んでいきます。またペアワークや練習問題をこなすことによって、文法を理解するだけでなくドイツ語を運用する力を付けていきます。
外国語の上達のためには、①大きな声で元気に発音する ②日々の予習と復習 が大切です。身構えず、積極的な授業への参加を求めます。

●成績評価の方法

授業態度、小テスト・課題プリントなどの平常点(40%)+学期末試験(60%)
5回以上の欠席、定期試験を放棄した場合は「欠席」とします。

●教科書

齊藤公輔/田原憲和/Marco Schulze著『どいちゅ』(朝日出版社)

●参考書

各自独和辞典を用意すること。その他参考書については初回の授業で説明します。

●注意事項

指示がない限り辞書、PC、スマートフォン等は使用しないこと。また、必ず毎回の授業に独和・和独辞典を持ってきて下さい。
授業中の私語、度重なる遅刻や欠席、途中退出を繰り返す場合は受講をお断りすることがありますので注意して下さい。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る