2016年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20160032104

●科目区分
言語文化Ⅱ

●科目名
中級フランス語1
●主担当教員名
飯野 和夫

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
火・1
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

1年次に学習したフランス語の基礎として、フランス語の文章の読解能力、フランス語に
よる表現能力の向上をはかる。また、フランス語圏の社会・文化について一層深い理解を
獲得できるようにする。

●履修条件あるいは関連する科目等

フランス語学習2年目の文系学生向けの授業。2016年度前期に開講される中級フランス語の4つの授業から一つを選択する。

●授業内容

現代フランスを代表する小説家、詩人、批評家であるミシェル・ビュトールのエッセー『
富嶽三十六景』を読む。葛飾北斎(1760-1849)の『富嶽三十六景』(いわゆる
「表不二」36図と「裏不二」10図からなる計46図の連作)を論じたもの。比較的平
易なフランス語ではあるが、初級文法を終えたばかりの学生諸君にはやや歯ごたえがある
かもしれない。北斎、ビュトールと聞いて興味を持つ学生諸君が積極的に挑戦してみるこ
とを期待する。必ず予習してくること。

●成績評価の方法

授業への参加・貢献度(60%)、筆記試験(40%)。正当な理由のある場合は履修の取り下げを認める。5回以上欠席した場合や期末試験を受験しなかった場合は「欠席」とする。

●教科書

プリントを配布する。

●参考書

授業中に指示する。

●注意事項

同じ時間帯に開講している「中級フランス語1」の中から一つを選択する。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る