2018年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20180013307

●科目区分
理系基礎科目(理系)

●科目名
物理学基礎Ⅰ
●主担当教員名
杉山 雄規

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
水・3
●対象学部
情報学部(自然・コン)



●本授業の目的およびねらい

物理学を学ぶ上で最も基本となる力学の講義であり、初年度の理系学部学生(理学部の多くと工学部を除く)を対象として開講される授業である。力学における物理学的な概念や、自然界におけるさまざまな現象の本質を分析し、基本法則によって理解するという物理学的な方法論を学ぶことを目的とする。同時に力学を理論的に記述するために用いられるベクトル解析、微分・積分、微分方程式などの数学的方法についても修得する。

●履修条件あるいは関連する科目等

高校における物理学の履修・未履修は問わないが,未履修の場合は予習復習の一層の努力を期待する。初歩から講義する。

●授業内容

以下の項目で講義を進める。

1.運動学と数学的準備
 ベクトル,微分・積分
2.点粒子の運動の数学的記述
 座標系、位置・速度・加速度、変位・道のり、運動の例
3.点粒子の運動の物理法則(ニュートンの運動法則),
慣性系、力、運動法則、座標変換と運動の相対性
4.運動方程式の解析例担当
等加速度運動、振動、単振動,減衰振動、強制振動
5.運動における保存量
仕事とエネルギー、力学的エネルギー保存の法則
 運動量、角運動量
6.力場中の運動
極座標系での記述、中心力場中の運動、惑星運動
7.質点系と剛体の力学
  剛体のつりあい、慣性モーメント

●成績評価の方法

出席状況,演習レポート、定期試験により総合的に評価する.
履修取り下げ制度を採用する。
定期試験に出席しなかった者を、欠席F とする。

●教科書

戸田盛和 著,物理入門コース 力学 岩波書店 ISBN4-00-007641-8 C3342
一応教科書は選んでおく。必ずしも教科書通りに講義を進めるわけではないが、内容的には同じである。

●参考書

原島 鮮 著,力学I,裳華房 ISBN4-7853-2127-X C3042
長岡洋介 著,力学の基礎,東京教学社
原 康夫 著,基礎物理学シリーズ・力学,東京教学社

●注意事項

特になし

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

自ら手を動かして数学的計算を行うことにより理論的な理解が可能となる。
その上で数式の意味する物理的な内容を吟味することにより真の理解に至る。
物理は記憶ではない。


時間割一覧へ戻る