2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170034371

●科目区分
理系基礎科目(理系)

●科目名
物理学実験
●主担当教員名
大岡 昌博

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅲ期
木・3 木・4
●対象学部
情報文化学部(自然)



●本授業の目的およびねらい

さまざまな物理量の測定や物理現象の観察を通して,その背景にある法則を理解し,基本的な測定の方法と原理,実験の技術などを習得することを目的とする。さらに,演習によって,測定データの記録と処理,表現の方法についても学ぶ。

●履修条件あるいは関連する科目等

物理学基礎Ⅰ、物理学基礎IIを履修していることが望ましい。

●授業内容

実験と演習を次の内容で実施する。第1回授業ではガイダンスを行う。
 
【実験】
1.重力加速度:単振子による重力加速度の測定                  
2.磁場中の電子の運動:一様な磁場中の電子の運動の観察,および電子の軌道半径と 
 加速電圧,磁場の強さとの関係,電子の比電荷の測定               
3.等電位線:定常電流が流れる導体(アルミニウム箔)の等電位線,電気力線の観察 
4.回折格子による光の波長測定:カドミウム原子の線スペクトル光の波長測定    
5.放射能の測定:GM計数管によるβ線放射能の測定,計数の統計的変動の観察   
6.オシロスコープ:電圧,周波数,位相差,リサージュ図形の測定など2現象オシロ 
 スコープを用いた計測方法の習得,およびRC回路による位相変化の測定      
7.電気回路の共振現象:2現象オシロスコープによるLCR回路の共振現象の観察, 
 入力周波数の変化に対する出力の振幅の共振曲線と位相差の測定          
8.シミュレーション物理:モンテカルロ法を用いた,円周率の計算をパーソナルコン 
 ピュータ上で行う.プログラミングからデータの解析までを実施する        
                                       
【演習】
1.単位,有効数字,数値計算,測定機器と測定誤差などについての演習       
2.誤差の伝播,測定データの処理,グラフ表示についての演習
3.最小2乗法についての演習     
4.レポートの書き方についての演習 



●成績評価の方法

出席点、及び 毎回提出する実験レポートによる。履修取り下げ制度を採用する。

●教科書

本実験のための教科書を、生協にて購入する。

●参考書

なし

●注意事項

不明な点は教官やTAに質問すること。ていねいに解説する。事故を防ぐよう、指示を聞いて充分に注意すること。出席点を重視しており、遅刻をしないこと。

●本授業に関する参照Webページ

http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/lms/pex/

●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

力学や電磁気など、これまで講義で習った事項を実際に自分の手で確かめることは、とても勉強になる。うまくいかない場合に、原因を考えて解決することは、将来の研究活動の基本となる。また、放射線の取り扱いや、パソコンのプログラムなど、大いに役立つだろう。予習をして、実験に積極的に取組んでほしい。               



時間割一覧へ戻る