2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170022428

●科目区分
理系基礎科目(理系)

●科目名
生物学基礎Ⅱ
●主担当教員名
涌澤 伸哉

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
火・4
●対象学部
医学部(保)



●本授業の目的およびねらい

本講義では、保健学科各専攻の医学関連の諸講義を理解する上で基礎知識として大切な、(1)細胞レベル、分子レベルでの人体のしくみ(2)高次調節機能のしくみ(3)人間を取り巻く環境との相互作用を中心に、正常と病的な状態との差異を意識して教授し理解を深めさせる。

●履修条件あるいは関連する科目等

高校で生物を履修した者、ないし1年前期生物学基礎1を履修した者

●授業内容

オムニバス形式で行う。
当初の予定は下記のとおりですが、教員の都合により順番が変わることがあります。

第1回  細胞の構造と機能(担当:長坂徹郎)
第2回  細胞骨格と運動(担当:長坂徹郎)
第3回  細胞周期(担当:石川哲也)
第4回  ヒトと生命科学(担当:近藤高明)
第5回  代謝とエネルギー生体生産(担当:涌澤伸哉)
第6回  タンパク質と酵素(担当:涌澤伸哉)
第7回  シグナル伝達(担当:石川哲也)
第8回  遺伝子工学(担当:小嶋哲人)
第9回  遺伝子と病気(担当:小嶋哲人)
第10回 神経・ホルモンによる調節(担当:永田浩三)
第11回 遺伝と生物情報(担当:近藤高明)
第12回 免疫の仕組み(担当:川部 勤)
第13回 免疫と病気(担当:川部 勤)


●成績評価の方法

履修取り下げ制度を用いる
成績判定は定期試験成績と出席状況によりおこないます。

●教科書

理系総合のための 生命科学 第3版 羊土社

●参考書

基礎から学ぶ生物学・細胞生物学 第3版 羊土社
現代生命科学 羊土社
医療・看護系のための生物学 改訂版 裳華房

●注意事項

毎回出席をとります。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

医学を学ぶうえで基盤となる知識を身につけることを目的としており、自発的・積極的な自己学習を期待します。特に、教科書の関連部分を予習して授業に臨むことを期待しています。


時間割一覧へ戻る