2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170022372

●科目区分
理系基礎科目(理系)

●科目名
地球科学実験
●主担当教員名
氏原 温

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅱ期
火・3 火・4
●対象学部
理学部



●本授業の目的およびねらい

地球表層部の成り立ちとその構成物質についての室内および野外での観察・実験を通して,自然に対する科学的な眼を養うことを目的とする。地球科学の入門的な講義・実験である。

●履修条件あるいは関連する科目等

高校における地学の履修を前提としない。

●授業内容

1.野外での地球科学的調査に必要な,地形・地質に関する基礎的実験。
 a.地形図を基に,地形の各種パターンを読みとる。
 b.地層の概念を理解し,地形図に地層の分布を記入する。
 c.名古屋大学構内あるいは周辺の地形・地質を観察する。

2.岩石・鉱物に関する基礎的実験。
 a.岩石と造岩鉱物を肉眼で識別し,岩石を成因的に分類する。
 b.鉱物の物理的諸性質を観察・測定する。

3.偏光顕微鏡の観察法に関する基礎的実験。
 a.偏光顕微鏡の取扱い方を学ぶ。
 b.鉱 物の光学的性質を測定する。
 c.岩石・鉱物の組織を観察し,それらの成因を考察する。

4.古生物に関する基礎的実験。
 a.有孔虫などの微化石を顕微鏡下で観察し,分類・同定する。
 b.有孔虫などの微化石を用いて古環境を復元する。

5.学期中の休日を利用して野外実習を行う。地層・岩石・鉱物・化石の産状および地質構造を野外で観察する。

●成績評価の方法

毎回提出するレポートの内容,実験に取り組む態度と意欲などから総合的に評価する。4回以上授業を欠席した場合と野外見学を欠席した場合、「欠席」とする。なお履修取り下げ制度を採用する。

●教科書

環境システム論講座編「地球科学基礎(実験)指導書」

●参考書

佐藤仁朗編「地図の見方」(ニュー・サイエンス社)狩野謙一著「野外地質調査の基礎」
(古今書院)

●注意事項

なし

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

なし


時間割一覧へ戻る