2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170023204

●科目区分
健康・スポーツ科学

●科目名
健康・スポーツ科学実習Ⅱ(卓球)
●主担当教員名
金謙 樹

●単位数
1単位

●開講時期
Ⅱ期
水・2
●対象学部
文学部 情報学部



●本授業の目的およびねらい

(1) 生涯スポーツの基礎となる技能の1つの種目として卓球における技術、ルール、マナーなどを習得する。
(2)在学中のみならず、卒業後も継続して卓球を楽しみながら健康促進と体力維持の手段とする 
 運動習慣を身に付ける。
(3)ボールの打ち合いやダブルスペアの協力や対人型ゲームなどの交流を通してより良い人間関係を築くノーハウを発見しコミュニケーション能力を高める。

●履修条件あるいは関連する科目等

体育授業に適宜の服装と履物を着用すること。

●授業内容

1.オリエンテーション(1回)
授業計画、授業の進め方及び授業注意事項の説明、履修者卓球経験などについてのアンケート調査。

2.基本的技術の習得(5回)
  歴史と現状、用具と基本ルールの説明と学習、ウォーミングアップ方法、基本姿勢、グリップ、フットワーク、ボールコントロールの補助練習、フォアハンド打法(トップスイング、強打、ブロックなど)、バックハンド打法(ハーフボレー、ショートなど)、サービスとレシーブの説明、学習及び練習、連続ラリー、簡易ゲーム。
 
3.応用練習(2回)
  フォアハンド・スピン系サービス(下回転など)、バックハンド・スピン系サービス(横上回転など)、ドライブ打法、ツッツキとカット打法の説明、学習及び練習。
 一流選手の打球技術に関するビデオ鑑賞と学習。

4.シングルス及びダブルスのゲーム実践(6回)
  ダブルスルール、ポジショニング、試合の進め方、審判法、マナーの説明と学習。
 リーグ戦とトーナメント戦による個人戦と団体戦を行う。

5.評価と授業のまとめ(1回)
  技術と試合の評価・反省及びこれからの課題。


●成績評価の方法

学習意欲・出席状況・受講態度(60%)と技術の上達度・試合成績(40%)による総合的に評価する。履修を取りやめる場合は「履修取り下げ届」を提出する必要があり、その提出期限は第4回目授業終了時点とする。

●教科書

特になし

●参考書

平岡義博「もっとうまくなる卓球」ナツメ社。また適宜プリントを配布する。 

●注意事項

4回欠席すると評価の対象外とする。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

卓球は体の大きさ、強さ、障害、また5歳児から80歳台の方まで、おおよそすべての人たちがそのレベルやスタイルにあわせて誰でも楽しめるスポーツです。是非今回の機会を大切に、この授業を通じて卓球の知識や技術や練習方法などをしっかり身に付けたら、もっともっと卓球を楽しめるのではないかと思います。


時間割一覧へ戻る