2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170013336

●科目区分
健康・スポーツ科学

●科目名
健康・スポーツ科学実習Ⅰ(バドミントン)
●主担当教員名
竹之内 隆志

●単位数
1単位

●開講時期
Ⅰ期
水・3
●対象学部
工(マテ・機航)



●本授業の目的およびねらい

1)バドミントンの基本的技術およびゲームの仕方を学び,ゲームの経験を通してその楽しさを知り,生涯スポーツの一つとして実践できるようになる.
2)基本的技術の練習およびゲームを通して体力を維持・向上させる.
3)パートナーとシャトルを打ち合うことやダブルスのゲームを通して,パートナーとの協同的な関係構築やコミュニケーションのトレーニングの場とする.


●履修条件あるいは関連する科目等

体育館シューズと体育着(運動のできる服装)が必要
健康・スポーツ科学講義も履修することが望ましい

●授業内容

第1部:「健康・スポーツ科学実習」についてのオリエンテーションと種目分け

第2部:種目別(バドミントン)オリエンテーションと導入
  授業計画の説明,授業実施上の諸注意(傷害防止,服装,役割分担など)
  用具やコートなどの説明
  ラケットやシャトルに慣れる

第3部:基本的技術の練習
  ハイクリアー,ドライブ,スマッシュ,ドロップ,ヘアピン,サービス

第4部:ルール,審判法の理解および半面シングルスゲーム
  ゲームの進め方,審判法,マナーの習得
  コートの半面を用いたシングルスゲーム

第5部:ダブルスゲームおよびゲーム分析
  攻守のフォーメーション
  ダブルスゲームのリーグ戦
  技術やゲームの反省および課題と解決策の探索


●成績評価の方法

出席状況・学習意欲・学習態度・知識(80%)および技能(20%).
履修を取りやめる場合は「履修取り下げ届」を提出する必要があり,その提出期限は第4回目授業終了時点とする.

●教科書

特になし

●参考書

必要に応じて授業で紹介する

●注意事項

1)体育館シューズ・体育着を忘れた場合は受講を認めない
2)遅刻した場合,授業開始後30分経過していたら受講を認めない
3)練習方法などの説明中の私語や練習中の無駄話は厳禁とする

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

特になし


時間割一覧へ戻る