2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170012301

●科目区分
健康・スポーツ科学

●科目名
健康・スポーツ科学講義
●主担当教員名
秋間 広

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
火・3
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

第一部 共通講義:大学生活を心身ともに健康に過ごすために必要な基礎的知識と、運動の意義・必要性について、全学生が共通概念を持てるよう、全クラスで同一内容の授業を2回にわたって行う。
第二部 個別講義:この授業では人間の「筋肉(骨格筋)」と「持久力(スタミナ)」に焦点を当てて授業を行います.最初は基礎的な学習を行った後に,応用的な学習としてトレーニング,運動不足,加齢,整形外科的疾患および遺伝的筋疾患によって筋肉やスタミナがどのように変化するのかについて学びます.

●履修条件あるいは関連する科目等

特に必要とする履修要件なし

●授業内容

第一部 共通講義
最近問題になっている感染症予防、薬物問題や喫煙・アルコール・生活習慣病、救命救急について、及び生理学、心理学、社会学など様々な観点から見た運動の意義や必要性についての授業を、それぞれ1コマ実施する。

第二部 個別講義
1. イントロダクション
2. 骨格筋の基礎
3. 運動単位
4. 呼吸系の基礎
5. 循環系の基礎
6. エネルギー代謝
7. 運動と脳・神経
8. 骨格筋と筋力トレーニング
9. 持久的トレーニング
10. 高所・低酸素トレーニング
11. 骨格筋と身体不活動
12. 骨格筋と加齢
13. 骨格筋と遺伝的筋疾患

●成績評価の方法

試験の結果と出席状況を成績評価の対象とする.なお,詳細については第一回目の授業で提示する.履修取り下げ制度を採用する.「履修取り下げ届」の提出期限は第4回目授業終了時点とする.

●教科書

特になし
プリントを配布する

●参考書

運動生理学20講.勝田茂編著,朝倉書店
スポーツ生理学 冨樫健二編,化学同人社


●注意事項

特になし

●本授業に関する参照Webページ

http://www.htc.nagoya-u.ac.jp/~akima/index_j.html

●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

講義では簡単な実験などを行う可能性があります.


時間割一覧へ戻る