2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170075401

●科目区分
言語文化Ⅱ

●科目名
中級ロシア語1
●主担当教員名
タチアナ ヤマザキ

●単位数
2単位

●開講時期
前期
金・4
●対象学部
全学部



●本授業の目的およびねらい

中級ロシア語1(前期金曜4限)の授業の目的及びねらいは、
1.基礎レベルのロシア語文法を再確認すること。
2.ロシア語の語彙をさらに増やすこと。
3.講師がネイティブであるメリットを有効に使いながら、生きた会話の練習をすること。
4.ロシアという隣国の理解を深めること。
5.ロシア語会話能力を身につけること。


●履修条件あるいは関連する科目等

ロシア語の基礎コースを修了した学生、大学院生、教員等。

●授業内容

15回分の授業詳細
1. 「出身地」(「何処から」という表現を使って生格の接頭辞を活用する)
2. 「出張、出席」(「出かける、参加する」という動詞を活用する)
3. 「友人の訪問」(ロシア語で客をもてなす言い回しを活用する)
4. 「年齢」(数詞を活かした表現を修得する)
5. 「頼み」(動詞の命令形を活かして、様々な依頼の表現を修得する)
6. 「禁句」(動詞の命令形を活かして、「禁止」などの表現を修得する)
7. 「住所」(運動や移動を表す動詞を修得する)
8. 「室内」(ものを配置する際に用いる動詞を活用する)
9. 「街角」(ロシアの都会を「散歩」しながら関連の名詞を修得する)
10. 「別荘」(接頭辞を使った運動や移動を表す動詞を活用する)
11. 「御馳走」(ロシア料理の名称を用いてロシア語で献立表を作成する)
12. 「待ち合わせ」(時間や時刻を表す言い回しを修得する)
13. 「見学、モスクワ」(赤の広場を「見物」しながら関連の名詞を修得する)
14. 「見学、ペテルブルグ」(エルミタージュを「見物」しながら関連の名詞を修得する)
15.  授業の総括

本授業において、ロシア人が普段よく使う数多くの単語及び慣用表現を暗記することを目指します。
その目標を達成するには授業の冒頭に小テストを行います。


●成績評価の方法

期末試験60%、平常点20%、小テスト20%
履修取り下げ制度を採用する。


●教科書

プリント配布

●参考書

露和辞典、和露辞典、前年度の教科書等

●注意事項

ロシア語の文法表を必ず持参すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

隣人、隣国を知るには先ずその言葉を理解することが重要です。受講生は、間違いを恐れずに積極的に授業に臨むことを期待します。人間活動における様々なロシア語の言い回しや慣用句を習得して、中級ロシア語をマスターすることを目指しましょう。




時間割一覧へ戻る