2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170075302

●科目区分
言語文化Ⅱ

●科目名
初級朝鮮・韓国語1
●主担当教員名
黒崎 慶子

●単位数
2単位

●開講時期
前期
金・3
●対象学部
全学部



●本授業の目的およびねらい

新たに朝鮮・韓国語を習う学生ばかりでなく、今一度基礎からやり直したい学生も対象とする朝鮮・韓国語の基礎を学ぶための科目である。
バランスよく朝鮮・韓国語を学べるよう、基礎文法の学習だけではなく日常会話の練習も行なう。

●履修条件あるいは関連する科目等

初級朝鮮・韓国語leve1bまで履修することが望ましい。

●授業内容

1学期間の授業予定は次の通りである。

文字と発音    
1.ハングルの構造
2.単母音
3.半母音+単母音
4.二重母音
5.子音(初声):鼻音と流音
6.子音(初声):平音
7.子音(初声):激音
8.子音(初声):濃音
9.子音(終声):鼻音と流音
10.子音(終声):閉鎖音
その他、発音規則について学びます。

文法と会話 
1.指定詞
2.漢字語数詞
3.固有語数詞

毎時間1課分を学習する。授業の冒頭で復習のための10分程度の小テストを行う。
また、必要に応じて宿題、レポートを課すことがある。


●成績評価の方法

平常点(30%)、期末試験の成績(70%)、4回以上欠席した者、期末試験を受験しなかった者は「欠席」とする。


●教科書

『韓国語へのとびら―会話と練習をふんだんに―』吉本一・中島仁・石黒敬・曺喜澈著(朝日出版社)

●参考書

必要な物は授業中に指示する。

●注意事項

毎時間の授業にきちんと出席すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る