2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170044208

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(セミナー)
●主担当教員名
SAYENKO T

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅳ期
木・2
●対象学部
法学部



●本授業の目的およびねらい

本授業は、英語という言語、その言語が培ってきた文化、および現代社会における英語文化についての深い教養を身につけることをその目的とする。英語・英語文化にかかわる様々な主題についての文献・資料調査、調査に基づく英語による口頭発表など、少人数授業の利点を生かした学習活動を行い、研究拠点大学である名古屋大学の学生にふさわしい学術英語の運用能力をさらに高めることを目指す。

●履修条件あるいは関連する科目等

NONE

●授業内容

Customized materials will be used for this course to enable students to improve their ability to use academic English.
The following topics will be covered:
1. Formal greetings and self-introduction.
2. Formal letter and e-mail writing.
3. Academic text reading and content analysis (topics: English language, literature, history, law, culture, philosophy).
4. Group discussions on academic topics.
5. Practice in English pronunciation and expressive intonation.
6. Short speeches based on the topics discussed in class.
7. Analysis of famous public speeches in English; analysis, practice and imitation of the oral delivery (making i-movies).
8. Academic presentation structure (presentation script and ppt).
9. Oral ppt presentations based on research findings.


●成績評価の方法

Short speeches (20%), final ppt presentation (20%), participation (5%) and attendance (5 %), i-movies of oral performance (10%), out-of-class learning materials (20%); Extra points will be added for outstanding performance.

●教科書

Customized (reading and video) materials and handouts will be used for this course.

●参考書

An English language dictionary is recommended.

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として電子教材を課し、その成績に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。なお、5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

初回の授業を欠席した場合は、課外学習の説明資料をアカデミック・イングリッシュ支援室のサイト ( http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/access/ ) からダウンロードすること。

Students will be expected to make extensive use of reference materials to prepare their presentations. These will vary depending on the topics chosen.


時間割一覧へ戻る