2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170035307

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(上級)
●主担当教員名
可知 れい子

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
金・3
●対象学部
農学部



●本授業の目的およびねらい

学会や社会で求められるプレゼンテーションを行えるよう、リーディング・スピーキング・リスニング・ライティングの各能力を高め、また4技能の統合を目指すことを目的とする。研究拠点大学たる名古屋大学の学生に相応しい学術英語を使いこなす能力を、実際の運用を前提とした学習活動を通して養う。自分の考えをその根拠とともにいかに説得力ある論理的な英文に組み立てるかという、これまで英語(基礎)・(中級)で養った知識・技能と英語(コミュニケーション)で培ったコミュニケーション能力に加え、プレゼンテーションに必要な知識や技能を習得し、学術英語を使いこなす能力を更に発展させる。

●履修条件あるいは関連する科目等

英語(基礎)・英語(中級)・英語(コミュニケーション)

●授業内容

あらかじめ該当ユニットに目を通し、知らない単語を調べ、段落ごとに大意を把握しておくこと。授業では本文は読んであるものとし、概要をまとめてもらう。(予習の段階でわからないことがあったら必ず教員に質問すること)授業では、スキルの練習、プレゼンテーションの準備や実施に時間を使いたい。

授業計画は次の通り。変更もありうる。

第1週  Introduction: Getting Ready
第2週  Unit 1: A Person I Admire
第3週  Unit 1
第4週  Unit 2: A Great Vacation
第5週  Unit 2
第6週  Unit 3: Young People Today
第7週  Unit 3
第8週  Presentation Day  進度調整
第9週  Unit 4: Let Me Explain
第10週 Unit 4
第11週 Unit 5: In My Opinion
第12週 Unit 5
第13週 Unit 6: In the News
第14週 Unit 6
第15週 Presentation Day まとめと復習


●成績評価の方法

プレゼンテーション 40%
授業参加度、予習状況、小テスト等 40%
課外学習成績 20%

●教科書

Present Yourself (2nd Ed.): Student's Book (Level 2: Viewpoints). Steven Gershon. Cambridge University Press (2015). ISBN-13: 978-1107435780

●参考書

英和辞書、和英辞書、英英辞書

●注意事項

対面授業に加え、課外学習教材「eFACE」を課し、その成績に基づく評価を全体の評価の20%とする。なお、5回以上欠席した場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

初回の授業を欠席した場合は、課外学習の説明資料をアカデミック・イングリッシュ支援室のサイト ( http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/access/ ) からダウンロードすること。

遅刻は授業開始後15分まで。遅刻3回で1回欠席扱い。居眠り、私語、授業に関係ない携帯電話いじりなどは厳しく取り締まり、一度注意して改まらない場合は平常点より減点する。予習していないことが判明した場合も同様。やむを得ない事情により遅刻や欠席をした場合は、その証拠となる文書(病院の領収書、交通機関の遅延証明書等)をできるだけ早く提出すること。


時間割一覧へ戻る