2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170034106

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(上級)
●主担当教員名
WEEKS Mark Charles

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
木・1
●対象学部
情報文化学部(社会)



●本授業の目的およびねらい

学会や社会で求められるプレゼンテーションを行えるよう、リーディング・スピーキング・リスニング・ライティングの各能力を高め、また4技能の統合を目指すことを目的とする。研究拠点大学たる名古屋大学の学生に相応しい学術英語を使いこなす能力を、実際の運用を前提とした学習活動を通して養う。自分の考えをその根拠とともにいかに説得力ある論理的な英文に組み立てるかというこれまで英語(基礎)・(中級)で養った知識・技能と、英語(コミュニケーション)で培ったコミュニケーション能力に加え、プレゼンテーションに必要な知識や技能を習得し、学術英語を使いこなす能力を更に発展させる。

●履修条件あるいは関連する科目等



●授業内容

Classes are conducted through pair and group work in order to further develop academic listening and speaking skills. All classes will be concerned with some aspect of academic communication, as shown below.

1. Introduction
2. Aims of academic communication, including presentations
3. Studying video of model presentations
4. Devising a presentation topic
5. Submission of first presentation drafts
6. Oral presentation delivery techniques
7-8. Short presentations by students
9. Reviewing key points from 1st presentations
10. Using evidence / effective use of visual aids
11. Question time strategies and language
12-14. Final presentations
15. Review of course

All lessons will contain some free discussion and from mid-semester there will be short pronunciation practice.

●成績評価の方法

発表(x2)40%, 宿題10%
課外学習(eFace電子教材を課し10%+試験10%) 20%
出席等 30% 

●教科書

無. All materials provided by instructor.

●参考書

英和・和英辞典

●注意事項

対面授業に加え、課外学習教材「eFACE」を課し、その成績に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。なお、5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

初回の授業を欠席した場合は、課外学習の説明資料をアカデミック・イングリッシュ支援室のサイト ( http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/access/ ) からダウンロードすること。

Communicating in English for academic purposes is increasingly important professionally. However, it is just one part of general communication and does not need to be a source of stress. Let's see if we can approach this and all communication in terms of clarity and making better human connections.

Many of the skills we learn and practice here will be useful for future study and work in any language.


時間割一覧へ戻る