2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170025504

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
中国語2
●主担当教員名
笠井 直美

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅱ期
金・5
●対象学部
全学部



●本授業の目的およびねらい

中国語を初めて学ぶ受講生を対象に、一貫した授業計画に基づいて中国語に関する基礎知識と運用力を養成する科目である。中国語では発音を重点的に練習して、聞き取りと会話ができるようになることが、学習上の最初で最大のキーポイントである。この授業では、音声面・表現面に重点を置き、豊富な練習を行うことにより、「聞く」・「話す」力をつけることを目指す。同時に言語の背景にある文化、歴史、価値観、風俗習慣についても学ぶ。

●履修条件あるいは関連する科目等

特になし。

●授業内容

中国語を第三外国語等として選択する学生及び単位補充が必要な学生のための授業で、精選された内容をたっぷり時間をかけて学習することにより、基礎力をつけることをめざす。

教科書は、比較的語彙量が少なく、易しく感じられると思われるが、発音の練習、朗読・暗誦・会話練習を重点的に行い、これを完全にマスターすることをめざすので、十分な予習・復習が必要である。(受け身で授業を聞くだけにしたいという人には不向きである)。

主要な内容は以下の通りである。
  1.受講調整・ガイダンス
  2.声調
  3.単母音
  4.複合母音
  5.子音
  6.声調変化 ほか
  7.人称代名詞、所有を表す“有”、当否疑問文 ほか
  8.疑問詞疑問文、選択疑問文 ほか
  9.数量、時点、時間量の表現 ほか
 10.前置詞を用いた表現、場所に関わる表現 ほか
 11.進行を表す表現、動詞の重ね型 ほか
 12.助動詞 ほか
 13.まとめ・復習


●成績評価の方法

平常点(暗誦課題、会話練習、練習問題、小テスト等)による。
教員のアナウンスに十分注意すること。

●教科書

董燕/遠藤光暁『我是猫1』白帝社

●参考書

必要に応じて授業で紹介する。

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

授業上の注意
 ・最初の授業でガイダンス及び受講調整を行います。
 ・参考書・辞書についてはガイダンスで説明します。
 ・初級中国語の最重要ポイントは発音です。十分な時間をかけて練習を繰り返します。
 ・再試験は、平常点総合では合格点に達しなかったが、再試験を行った場合においては合格の可能性があると担当教員が判断した場合に行います。


時間割一覧へ戻る