2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170025503

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
ロシア語2
●主担当教員名
SAVELIEV IGOR

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅱ期
金・5
●対象学部
全学部



●本授業の目的およびねらい

ロシア語を初めて学ぶ受講生を対象に、一貫した授業計画に基づいてロシア語に関する基礎知識と運用力を養成する科目である。「読む」「書く」「聞く」「話す」の四技能をバランスよく総合的に身につけることを目指す。また、ロシア語世界が身近になるよう、視聴覚メディアなどを通じて文化・風俗・歴史・社会事情等についても学び、国際的視野を涵養する一歩とする。目標は「ロシア語に親しむ」である。

●履修条件あるいは関連する科目等

なし

●授業内容

この授業では、半期でロシア語の基礎的な文法事項を習得する。           
授業テーマ                                   
 1.発音と文字                                
 2.アルファベット文字の音                          
 3.名詞の複数                                
 4.所有構文                                 
 5.動詞の過去形                               
 6.形容詞の長語尾形                             
 7.副詞の派生と無人称文                           
 8.名詞の格変化                               
 9.格の用法                                 
 10.比較級、最上級の表現                          
 11.数詞と年月日の表現                           
 12.関係代名詞                               
 13.動詞の体                                
 14.形動詞の短語尾形                            
 15.無人称文と値段の表現  


●成績評価の方法

期末試験もしくはレポート60%、平常点20%、小テスト20%。履修取り下げ制度を採用する。授業への参加度、講義出欠などにより判断する。

●教科書

前木祥子「しっかり学ぶロシア語」(ベレ出版)

●参考書

露和辞典は、「研究社露和辞典」、「博友社露和辞典」、「岩波露和辞典」のうちから一冊を購入してください。

●注意事項

必ず予習をして,積極的に授業に参加すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

ロシア語は、ヨーロッパ諸語の一つですが、英語、ドイツ語、フランス語と違って、キリ
ル文字を使用しています。そのために、最初に難しそうに見えるかもしれませんが、授業
では段階的に学んでいきますので、他のヨーロッパの言語と比べて、とりわけ難しいこと
はありません。かえって、ロシア語の学習を通して、あまり知られていない東欧の文化に
触れることができるという利点もあります。


時間割一覧へ戻る