2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170025417

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(コミュニケーション)
●主担当教員名
WEEKS Mark Charles

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
金・4
●対象学部
理学部



●本授業の目的およびねらい

リスニングとスピーキングを主としたコミュニケーションの能力を高める授業。日常会話、さらにはディスカッションやプレゼンテーションのための基礎力を養成する。

●履修条件あるいは関連する科目等



●授業内容

Classes are conducted mostly through pair and group work, with partners selected randomly in each lesson to give changing and diverse communication experiences. All lessons will involve some free discussion as well as a variety of other activities. Short video will be used as a basis for some discussions.

1. Introduction, course overview, student needs questionnaire
2. Video (comedy drama) on making good conversation
3. Video (comedy drama) on making good conversation
4. Model presentation
5. Strong presentation ideas; video presentation model, discussion
6. Short presentations in groups
7. Good presentation structure; discussion and practice
8. Presentation delivery style; discussion and practice
9. Using slide software
10-11. Student presentations
12-14. Discussion practice; pronunciation
15. Discussion marathon; course review

●成績評価の方法

発表 (15%); 英会話試験* (15%); 出席等 (20%)
TOEFL-ITP (30%); ぎゅっとeリスニング (20%)

●教科書

無. All materials provided by instructor.

●参考書

英和・和英辞典

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(コミュニケーション)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。また、TOEFLITPの成績(Listening、Structure)の評価を30%とする。5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

課外学習の説明資料は、アカデミック・イングリッシュ支援室のサイト ( http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/access/ ) からダウンロードすること。

English communication skills are increasingly useful and important professionally, but that does not mean they should be a cause for stress. On the contrary, it might be possible to make a leap in our English competence and confidence by relaxing a little and exploring the pleasures of communicating.


時間割一覧へ戻る