2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170025201

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
ドイツ語4
●主担当教員名
三宅 恭子

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅱ期
金・2
●対象学部
文系学部D1



●本授業の目的およびねらい

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく総合的に身につけることを目指します。また、簡単なドイツ語会話ができるようになることを目標とします。あわせてドイツ事情について学びます。

●履修条件あるいは関連する科目等

木曜日3限Koch先生とペアになっています。

●授業内容

パートナー練習、ドリル練習をふんだんに用いて話す力を身につけると同時に、聴き取り練習によって聴く力を養います。さらに書くことによって知識を確実にしていきます。折々でドイツ語圏の文化や生活などドイツ事情を紹介し、ドイツおよびヨーロッパに対する理解を深めます。学習文法事項は以下のとおりです。

 
(1)Lektion 6 話法の助動詞
(2)Lektion 7 前置詞の格支配
(3)Lektion 8 再帰動詞・zu不定詞
(4)Lektion 9 現在完了形
(5)Lektion 10過去形・受動態
(6)Lektion 11接続詞(並列接続詞・従属接続詞・接続詞的副詞)
(7)Lektion 12形容詞(比較表現 付加語的用法)

●成績評価の方法

平常点(授業への参加態度、小テスト)および定期試験
5回以上授業を欠席した場合および定期試験を受験しない場合は「欠席」とします。

●教科書

S.Evans他 MenschenA1.1. Kursbuch;Hueber、三宅・コッホ「ドイツ語インパクト〈ノイ〉」;三修社

●参考書

独和辞典および和独辞典

●注意事項

学生と教師間の会話だけでなく、隣の人とペアを組んで対話をしながら表現を覚え、また文法規則を応用できるような授業を目指します。学生の積極的な授業への参加が求められます。家での復習が重要となります。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る