2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170024427

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(コミュニケーション)
●主担当教員名
秋田 喜美

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
木・4
●対象学部
工(物工・機航・エネ)



●本授業の目的およびねらい

本授業は、国際的な環境でのコミュニケーションに必要となる英語のリスニング能力とスピーキング能力の養成を目的とする。学術的な英語コミュニケーションの前提となる、基礎的な表現や発話パタンの習得を目指す。

●履修条件あるいは関連する科目等

なし

●授業内容

米ABCニュースに基づく教科書を用い、以下の基礎トレーニングを行う。1回1ユニットを基本とする。
1.英語のストーリーの典型的構成を踏まえた予測的聞き取り
2.シャドーイング
3.スピーキング(身近な話題、重要表現の練習、短いプレゼンテーション)

また、音声学などの知見を紹介し、「科目」ではなく「言語」としての英語を意識的に攻略することも狙いとする。

宿題の性質は以下の通りである。
1.前回分のDVDとCD音源を繰り返し視聴し、ディクテーション(ニュースの書き起こしの空所補充)を完了する。
2.前回分のリスニング・シャドーイングの自主トレを行い、数回の小テストに備える。
3.学期末のポスター・プレゼンテーションに向けた資料収集を行う。題材としては、例えばある事件に関する日米ないし英米などのニュースを特定の観点より比較し、相違点とその理由を探るものとする。

●成績評価の方法

おおよそ以下の割合で評価を行う。授業への貢献・宿題・小テスト(30%)、中間試験(最新ニュースを使用)と期末ポスター・プレゼンテーション(20%)、「注意事項」にある課外学習および英語試験(50%)。

●教科書

ABC World News 18 (Shigeru Yamane and Kathleen Yamane, Kinseido, 2,484 yen, ISBN: 978-4-7647-4014-3)

●参考書

随時紹介していく。

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(コミュニケーション)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。また、TOEFLITPの成績(Listening、Structure)の評価を30%とする。5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

課外学習の説明資料は、アカデミック・イングリッシュ支援室のサイト ( http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/access/ ) からダウンロードすること。

英語は言語、つまり意思を伝え合うための道具です。この授業では、毎回、教員およびクラスメイトと英語で話し合うことが求められる他、多くのグループ活動がありますので、積極的な姿勢が必要となります。始めからスムーズに話せる人などいませんので、単文・単語・フィラー・ジェスチャー・表情からでも発する練習をしていきましょう。楽しく。


時間割一覧へ戻る