2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170024364

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(コミュニケーション)
●主担当教員名
光沢 隆

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
木・3
●対象学部
工(化生・マテ・土建)



●本授業の目的およびねらい

リスニングとスピーキングを主としたコミュニケーションの能力を高める授業。日常
会話、さらにはディスカッションやプレゼンテーションのための基礎力を養成する。

●履修条件あるいは関連する科目等

なし

●授業内容

1.授業で行うことは主に次の3つです。
(1)教科書の問題(リスニングの問題)。20分ぐらい。
教科書のレベルは、TOEICレベル400点から550点。
(2)映画を見る(スクリプトを見ながら。リスニングの練習)。20~30分ぐら
い。
(3)会話の練習。20分ぐらい。主に2人(ペア)で行う。全員の前で短いスピー
チ。
学期末に1人ずつ短いプレゼンテーションをしてもらう。

2.課題
(1)教科書のリスニングの音声を聞いて英語を書き取ってくる(あるいは抜けてい
る文章をうめる)宿題を出す。2回の授業で1回の割合。

●成績評価の方法

授業での評価(課題・宿題の取り組み)20%程度。期末テスト30%程度。ぎゅっ
とeの評価20%。TOEFL-ITPの成績30%。

●教科書

『Vital Skills for the TOEIC Test: Listening』(桐原書店)Mark D. Stafford 
ISBN: 978-4-342-55200-7

●参考書



●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(コミュニケーション)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。また、TOEFLITPの成績(Listening、Structure)の評価を30%とする。5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

テストに関する補足
リスニングはTOEICあるいはTOEFLに準じたもの(授業あるいは課題で聴いたものと同
じ内容のものは少ない)。会話に関しては、学期末のプレゼンテーションと授業で評
価する。



時間割一覧へ戻る