2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170024358

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(コミュニケーション)
●主担当教員名
堀江 薫

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
木・3
●対象学部
工(化生・マテ・土建)



●本授業の目的およびねらい

目的:英語プレゼンテーション能力の基礎であるリスニング能力とスピーキング能力を向上させる。

ねらい:英語で自分の意見を述べ、相手の発言を理解したうえで応答できるコミュニケーション能力を向上させる。ディスカッションにおいて自分の意見を論理的に述べる能力も涵養する。

●履修条件あるいは関連する科目等

なし

●授業内容

 現代社会の様々な今日的な話題を取り上げ、リスニングとスピーキングを有機的に組み
合わせた教材を用いる。毎回の授業の前半で各UNITの内容に関わるリスニング演習
を行い、後半でグループに分かれ各UNITの内容の討議を行う。なお、どのUNITを取り上げるかは初回の授業で受講者の専門的興味を考慮して決める。また、UNITの内容から発展させて内容についてグループでスピーチやプレゼンテーション、ディスカッションを行う。
 また、一人一人のプレゼン・スピーチ能力の向上をめざし、あらかじめテーマ(トピック)を設定し、準備の上各自に一人ずつ対面でスピーチをしてもらい、インタビュー形式で英問英答す)SPEAKING TESTを学期中に2回実施し、成績評価の対象とする。

●成績評価の方法

授業参加(5%)、課題(10%)、SPEAKING TEST(15%)、ぎゅっとe(20%)、TOEFL-ITP(30%)、学期末試験(20%)

●教科書

教科書名 North Star Listening and Speaking 3;出版社ピアソン・エデュケーション


●参考書

なし

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(コミュニケーション)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。また、TOEFLITPの成績(Listening、Structure)の評価を30%とする。5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

授業の参加状況を成績評価の際に参照します。積極的な授業参加を期待します。課外学習の説明資料は、アカデミック・イングリッシュ支援室のサイト (http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/access/ ) からダウンロードすること。


時間割一覧へ戻る