2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170024223

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
フランス語4
●主担当教員名
小栗栖 等

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅱ期
木・2
●対象学部
情(自然・コン)理・医・農F1



●本授業の目的およびねらい

言語文化科目「フランス語1,2,3,4」は全体として、読む・書く・聞く・話すという全般的運用能力の養 成を目指す。毎週2回の授業のうち、一つは、基礎的文法事項の修得が主たる目標であり、もう一つは、それと 連携しつつ、発音・講読・会話・作文などの基礎的能力の養成を目指す。また、フランス語圏の社会・文化につ いても関心を促し、基礎的な知識を獲得できるようにする。 本授業は前者のタイプの授業である。

●履修条件あるいは関連する科目等

前期の木曜 2 限「フランス語 2」の続き。火曜二時間目のボメール Baumert 先生の授業と対をなす。

●授業内容

教科書の第八課から第十四課をおおよその授業内容とする。文法は単に変化表を丸暗記する科目ではない。一 見無味乾燥な変化表の背後に隠れた、フランス語の歴史やフランス語に固有の論理を理解することが大変重要で ある。本授業はそのことを常に念頭において進められる。とはいえ、たゆみない反復練習が必要な科目だという ことも事実である。毎回の授業で暗記するよう指示されたことを、少しずつ覚えていくことにより、はじめて、 フランス語文法の基礎の習得がなされるのである。

●成績評価の方法

試験により評価を行う(学期末だけではなく、学期途中に中間試験を行う場合もあるので注意すること)。 学期途中で履修の取りやめを希望する場合には、担当教員である小栗栖の許可を必要とする。

●教科書

『フランス語文法要説-第3版-』、朝日出版社、ISBN:978-4-255-35258-9

●参考書

授業時間中に適宜指示する。

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

外国語の学習は単位の取得を目標としたとたんに、極端につまらなくなります。一夜漬けで覚えて、試験の後に 綺麗さっぱり忘れてしまう。そんな作業が面白いと思う人はあまりいないでしょう。外国語の学習では、一朝一 夕には知識が定着せず、覚えては忘れを何度も繰り返さねばなりません。しかし、最初は大変複雑な見えた事柄 が、ひとたび頭の中に定着するや、その事柄は嘘のように簡単なことに思えるようになります。それこそが学ぶ 喜びをもたらします。そうした喜びを得るには、積極的な学習態度が不可欠です。ぜひとも、フランス語を身に つけようと思って、授業に参加してください。


時間割一覧へ戻る