2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170024219

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
ドイツ語4
●主担当教員名
西川 智之

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅱ期
木・2
●対象学部
情(自然・コン)理・医・農D9



●本授業の目的およびねらい

前期からドイツ語を学んでいる受講生を対象に、ドイツ語に関する基礎知識と運用力のさらなる修得を目標とします。パートナー練習などを通し、「聞く」「話す」「読む」「書く」技能を能動的に身につけることを目指してください。また、ドイツ語世界が身近になるよう、ドイツ語圏の文化・風俗・歴史・社会事情等についても紹介しますので、学生諸君は国際的視野を養う一歩としてください。

●履修条件あるいは関連する科目等

火曜2時限「ドイツ語3」(村元先生)との連続授業。どちらか一方の授業だけを受講することはできません。この連続授業は前期から継続する連続一貫授業です。

●授業内容

会話練習などを通して、できるだけ自然にドイツ語を身につけてください。
授業では、まず最初に前回の授業内容の小テストを行います。
授業中は、パートナーとの練習や文章の復唱など、学生諸君が積極的に参加することが求められます。
後期は、食事の場面や電話での会話など具体的な状況で使われる表現を練習したり、短いテクストを読みながら現在完了や過去形の文章を練習することで、ドイツ語で表現できる範囲を広げていきましょう。また、婉曲表現や丁寧表現など、日常的に用いられる重要な表現も身につけてください。
後期は教科書の他に、プリントを使って授業を進める予定です。
1年間の授業の成果として、ドイツ語で簡単な自己紹介をしたり、メールを書いたり、自分の住んでいる町を紹介したり、簡単な物語や新聞記事が読めるようになるように、一回一回の授業でやることを確実に身につけていってください。

●成績評価の方法

原則として期末テストは行わず、毎回の小テストや学期中の作文などの課題、平常点で成績評価を行います。中でも小テストは、成績評価の大きな比重を占めます。4回以上、正当な理由なく小テストを受けなかった場合、成績は「不可」となります。

●教科書

S.Evans他『Menschen A1.1. Deutsch als Fremdsprache. Kursbuch』(Hueber Verlag)、三宅恭子、ミヒャエラ・コッホ『ドイツ語インパクト<ノイ>』(三修社)

●参考書

特になし

●注意事項

パートナー練習などを中心に授業は進行するので、学生諸君は積極的に授業に参加してください。また、小テストの準備など、家での復習が重要となります。クラスの仲間と楽しみながらドイツ語を身につけていってください。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

特になし


時間割一覧へ戻る