2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170022103

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(コミュニケーション)
●主担当教員名
大名 力

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
火・1
●対象学部
文学部



●本授業の目的およびねらい

電子コーパス等を利用し,英語による表現能力を伸ばすこと,英作文やディスカッシ
ョン等を通じ英語による表現能力を伸ばすことを目指す。

●履修条件あるいは関連する科目等

特になし。


●授業内容

この授業では,主に次の2つのことを行う。

1)前半部(7回程度):

 英英辞典,電子コーパス,インターネット上のウェブページ等を利用し,自然な英
 語を書くために必要な情報(特にコロケーションに関する情報)を得,作文やスピ
 ーチ等に活用する方法について学ぶ。

2)後半部(残り):

 最初に,自分が使える英語(語彙・文法)で言いたいことを伝えるにはどうしたら
 よいかを,練習問題を解きながら考える。後半では,学んだことを活かし,グルー
 プで英語によるスピーチ,ディスカッション等を行う。毎回,スピーチ,ディスカ
 ッション等の内容は英語でまとめ,提出する。

課題は電子メールによって提出してもらう。1)2)共に共同作業を多く含むので,
他の受講生と一緒に協力して作業することが求められる。

●成績評価の方法

対面授業における評価(毎週の課題,授業中の活動,および学期末試験)および注意
事項に書かれている評価項目による。


●教科書

特定のテキストは使わず,プリントを使用する。

●参考書

英英辞典を使用する。新たに購入する場合には,1回目の授業での説明を参考にする
こと。

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(コミュニケーション)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。また、TOEFLITPの成績(Listening、Structure)の評価を30%とする。5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

インターネットを利用し情報を収集したり,電子メールやウェブで課題を提出したりする
ので,基本的なウェブブラウザーと電子メールソフトの使い方の知識が必要。その他,コ
ンピューターを使った活動を行うが,使い方については授業で説明する。


時間割一覧へ戻る