2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170021323

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(中級)
●主担当教員名
土居 峻

●単位数
1単位

●開講時期
Ⅱ期
月・3
●対象学部
工(物工・機航・エネ)



●本授業の目的およびねらい

本授業は、学術的な英文に関する基礎的なリーディング能力とライティング能力の養成を目的とする。そのねらいは、研究拠点大学である名古屋大学の学生にふさわしい学術英語を使いこなす能力を身につけるところにある。論理的な英文のカギとなるエッセイの構造に着目し、目的に応じて必要な情報をいかに読みとるか、また逆に、自分の考えをその根拠とともにいかに説得力ある論理的な英文に組み立てるかを学ぶ。将来、専門の論文を英語で読んだり書いたりする時に、指針となる英文構成法の基礎、および実際に役立つ英語表現を多く習得する。

●履修条件あるいは関連する科目等

英語(基礎)が既修であることを前提とする。
2年の英語科目を履修する上での基盤となる。

●授業内容

この授業では、英語(基礎)で学んだパラグラフについての知識を復習し、さらに発展させてエッセイの基本的な構造を学ぶ。エッセイの構造を学ぶことによって、わかり易い文章を書けるようになり、読解時にも効率的に内容を把握できるようになる。
毎回の授業では教科書にある手本のパラグラフやエッセイを読み、その構造を分析する。また、課題としてそれらを真似て作文を3回提出してもらうが、書いたものをクラスメイトと交換して互いに読み、構造と内容が正確に伝わっているかを確認する。クラスメイトからのフィードバックを元に修正したものを提出し、教員がそれに対してコメントをする。
最終的には英文エッセイが楽に書けるようになることを目標とする。

※初回の授業に必ず出席すること。授業の進め方や概要を確認する。


●成績評価の方法

授業への参加度10%、課題提出物20%、評価テスト20%、課外学習20%、外部テスト30%による総合評価。剽窃をした者は、不正行為として厳しく対処する。

●教科書

Longman Academic Writing Series 3: Paragraphs to Essays, 4th ed. (Linda Butler, Alice Oshima, Ann Hogue, and Alan Meyers) Pearson-Longman. ISBN: 9780132915663 (3,478 yen)

●参考書

特に指定しない。但し、各自で辞書を準備しておくこと。

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(中級)用「ぎゅっとe」リーディングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。またTOEFL-ITP (Reading)およびCriterionの評価を30%とする。なお、5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ

None

●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

○課外学習の説明資料は、アカデミック・イングリッシュ支援室のサイト( http://elearn.ilas.nagoya-u.ac.jp/access/ )からダウンロードすること。
○授業には辞書を持参すること。電子辞書でも紙媒体の辞書でも構わない。どの辞書も万能ではなく、英和・和英・英英の辞書にも様々なブランドがあることを認識しておいて欲しい。
○文法を重点的に学習することはしない。各自で高校までの復習をしておくこと。但し、わからないことがあれば、遠慮なく質問すること。
○指名されたら必ず何か内容のあることを答えること。「わかりません」はダメ。間違えたからといって、減点されたりすることはない。皆のために代表して間違えることは、むしろ歓迎されるべきことである。
○現在はテレビやインターネットなど、英語に触れる機会が多くある。英字新聞や英文雑誌も手に入れやすくなっている。それらを最大限に活用し、自発的に学習を続けていってくれることを期待する。



時間割一覧へ戻る