2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170014438

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(基礎)
●主担当教員名
涌井 隆

●単位数
1単位

●開講時期
Ⅰ期
木・4
●対象学部
工(化生・マテ・電情)



●本授業の目的およびねらい

本授業は、学術的な英文に関する基礎的なリーディング能力とライティング能力の養成を目的とする。そのねらいは、研究拠点大学である名古屋大学の学生にふさわしい学術英語を使いこなす能力を身につけるところにある。論理的な英文のカギとなるパラグラフの構造に着目し、目的に応じて必要な情報をいかに読みとるか、また逆に、自分の考えをその根拠とともにいかに説得力ある論理的な英文に組み立てるかを学ぶ。将来、専門の論文を英語で読んだり書いたりする時に、指針となる英文構成法の基礎、および実際に役立つ英語表現を多く習得する。 

●履修条件あるいは関連する科目等

なし

●授業内容

400単語から600単語ほどの作文を3本書いてもらい、その出来栄えで成績を出します。最初の作文は、学生が各自好きなテーマを選んで書いてください。テーマが思いつかない人は教員が選んだテーマで書いてください。ふたつめの作文は、何らかの意見や主張を論理的に説得力を持って展開した論文です。これは各自テーマを自分で探してください。もうひとつは、物語でも詩でも構いません。論文でも大丈夫です。この3本の作文は5月、6月、7月の3回にわけて提出してもらいます。

授業の半分は講義です。英語で文章を書く場合に注意しなけばならない点について具体例を提示して解説します。残りの時間は、毎回課題を出して短い作文を書いてもらいます。上に書いた成績評価の対象になる3本の作文に発展させてください。何回か課題を提出してもらうと学生が陥りやすい間違いが判明してくるので授業でコメントします。3本の作文は添削して返します。毎回課題を出すので、毎回出席することが重要です。

●成績評価の方法

提出された作文の質と課題の点数で判断します。下手でも自分の力で英文を書いてください。ネットで拾ってきた英文を切り貼りしただけの作文は読めばすぐわかりますから、そのような作文を提出した学生は容赦なく不可になります。

●教科書

なし

●参考書

英語で説明した学習辞書を使えるようにしてほしい。英和辞書よりすぐれている。

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(基礎)用「ぎゅっとe」リーディングおよび英語(基礎)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。 なお、5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る