2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170014214

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
ドイツ語2
●主担当教員名
中村 登志哉

●単位数
1.5単位

●開講時期
Ⅰ期
木・2
●対象学部
情(自然・コン)理・医・農D3



●本授業の目的およびねらい

ドイツ語を初めて学ぶ受講生を対象に、一貫した授業計画に基づいてドイツ語に関する基礎知識と運用力を養成する科目である。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく総合的に身につけることを目指す。
また、ドイツ語世界が身近に感じられるよう、視聴覚メディアなどを通じて、文化・風俗・歴史・社会事情等についても学び、国際的視野を涵養する一歩とする。

●履修条件あるいは関連する科目等

ドイツ語1(火曜日2時限)とともに履修すること。

●授業内容

本授業では、自己紹介・専攻・趣味・食事・家族・持ち物などの、学生にとって身近なテーマに関するダイアローグをもとに、ドイツ語の初歩を学ぶ。やさしいものから徐々に高度なものへと、段階的に基本的な語彙や文型を学習し、ドイツ語のコミュニケーション能力を向上させていく。出欠の確認を兼ねた小テストを実施するほか、ペアやグループでの学習が中心となるため、授業への積極的参加が求められる。

●成績評価の方法

授業の出席率、授業への積極的貢献、学期中に実施するテストの成績を総合して判断する。6回以上欠席した場合は「欠席」とする。履修取り下げ制度は採用しない。

●教科書

佐藤修子・下田恭子ほか著『CD付きスツェーネン1 場面で学ぶドイツ語』 2013
年、三修社刊

●参考書

独和辞典(電子辞書含む)など参考書の詳細は、第1回目の講義で説明する。

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

ドイツ語に限らず、外国語を習得することは決してやさしいことではありません。しかし、学問的だけでなく、あらゆる意味で、視野を日本語や英語の世界だけでなく、ドイツ語の世界へと広げてくれます。豊饒なドイツ語の世界を楽しみながら、勉強する姿勢を期待しています。


時間割一覧へ戻る