2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170012425

●科目区分
言語文化Ⅰ

●科目名
英語(基礎)
●主担当教員名
SAYENKO T

●単位数
1単位

●開講時期
Ⅰ期
火・4
●対象学部
工(物工・エネ)



●本授業の目的およびねらい

本授業は、学術的な英文に関する基礎的なリーディング能力とライティング能力の養成を目的とする。そのねらいは、研究拠点大学である名古屋大学の学生にふさわしい学術英語を使いこなす能力を身につけるところにある。論理的な英文のカギとなるパラグラフの構造に着目し、目的に応じて必要な情報をいかに読みとるか、また逆に、自分の考えをその根拠とともにいかに説得力ある論理的な英文に組み立てるかを学ぶ。将来、専門の論文を英語で読んだり書いたりする時に、指針となる英文構成法の基礎、および実際に役立つ英語表現を多く習得する。

●履修条件あるいは関連する科目等

NONE

●授業内容

This is a course in basic writing. The main focus is the paragraph, with the aim of getting students eventually to write short compositions of two or more paragraphs. Writing activities support the process of composition-prewriting, writing, peer editing, and revision, followed by feedback from the teacher. To support and enrich their writing, students take part in extensive reading and vocabulary study. Students keep a record of their time and pages covered on a form from the teacher. Vocabulary study broadens and deepens students' knowledge of English collocations, word families, synonyms and antonyms.

●成績評価の方法

Writing journals - 30%; revised writings - 20%; extensive reading - 20%; vocabulary lists - 10%, E-learning – 20%

●教科書

Hirataka Jimbo, Kate Elwood, Akira Morita, and others, Get Your Message Across: Writing Communicative Paragraphs. Nan'un-Do, ISBN:978-4-523-17593-3.

●参考書

A good English-Japanese dictionary should be brought to each class.

●注意事項

対面授業に加え、課外学習として、英語(基礎)用「ぎゅっとe」リーディングおよび英語(基礎)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。 なお、5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。

●本授業に関する参照Webページ

NONE

●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

To become a better writer in English, students should do three things: write a lot, read a lot, and study vocabulary in the language.


時間割一覧へ戻る