2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170021520

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーB
●主担当教員名
日比 嘉高

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
月・5
●対象学部
文系・情(自然・コン)・理・農・工(化生・マテ・電情・機航)



●本授業の目的およびねらい

学術の世界でも、一般の仕事の現場でも、同僚や相手と適切なコミュニケーションを行う能力は重要視されている。
しかしコミュニケーション能力を高度化するといっても、はたしてどうすればよいのか。私たちは、自分で理解している(と思っている)ことを、何のトレーニングもなく十分に他者に伝えられるわけではない。
この授業では、調べ、考え、まとめ、伝える力の養成に重点を置いて、実践的な作業を行いながら、より適切なコミュニケーションのあり方を探っていく。

●履修条件あるいは関連する科目等

学生の参加型の授業となる。プレゼンテーションや参加者相互の議論が多く課される予定であるため、それに主体的に関わること。

●授業内容

一口に「コミュニケーション能力」というが、それは具体的にはどういう力だろうか。たんに、人とうまく話をしたり、心地よく付き合ったりすることではあるまい。

重要なのは「説明する」「情報をもつ」「異なる文脈をつなぐ」力だと暫定的に考えてみよう。自身が持つ知見や情報を、相手によりよく伝達するための「説明する力」。高い質のコミュニケーションの前提となる、適切な量の「情報をもつ力」。AとBという「異なる文脈をつなぐ力」。これらが、コミュニケーション能力の基礎となる力であるはずだ。

この授業では、以下の具体的な課題に取り組むことを通して、「コミュニケーション能力」の高度化を図る。


1.イントロダクション
2~5.ビブリオ・バトル
6~9.広告を読む
10~14.調査と報告
15.まとめ


●成績評価の方法

出席、演習発表の達成度、授業への参加姿勢、レポートの完成度を総合的に判断する。配点比率はとくに定めないが、約8割以上の出席を前提に、各課題の評価を総合することとする。

●教科書

授業時に指示する。

●参考書

授業時に指示する。

●注意事項

とくになし。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

あなたの説明、相手に伝わっていますか? あなたの言葉は、何かと何かをつなげますか?
「説明する」「情報をもつ」「異なる文脈をつなぐ」の、3つの力を上げることで、コミュニケーション能力は、より高度になります。それは、活躍の分野を問わない汎用的な力となるはずです。


時間割一覧へ戻る