2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170015515

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
田川 美穂

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
金・5
●対象学部
情(自然・コン)・理・農・工(化生・物工・マテ・機航・エネ・土建)



●本授業の目的およびねらい

基本テーマ:国内外の出版物(英語、日本語)から材料工学分野を中心に最新の科学記事を収集し、読み、発表し、ディスカッションすることを通じて、科学技術におけるグローバルな視点を養う。専門分野にとらわれずに新しいことを学ぶ姿勢を身につける。
現代の材料工学は関連する学問、応用分野が多岐にわたっており、物理・化学・生物といった分野の壁にとらわれずに、幅広い知識が必要となる。また、材料工学分野の知識はそれ以外の分野へ進む場合においても、重要となる。

●履修条件あるいは関連する科目等

好奇心旺盛で、積極的に討論に参加できること。
英語力は問わないが、習得しようとする意欲があること。

●授業内容

1.自己紹介(教員、TA、受講者)
2.授業の進め方および基本テーマについての説明
3.日本語及び英語文献・DVDを用いた基本テーマについての学習
4.図書館のツアー及び利用方法、文献調査方法のガイダンス
5.プレゼンテーション法のガイダンス
6.調査発表テーマ決めとグループ分け
7.調査、発表準備
8.発表会(プレゼンテーションと討論)
9.総括

(注)授業で扱うテーマは受講者の興味をできる限り考慮して選定する予定。

●成績評価の方法

出席、調査、プレゼンテーション、討論への参加により総合的に評価する。履修取り下げ制度は採用しない。

●教科書

特に使用しない。必要な資料はその都度配布する。

●参考書

適宜紹介する。

●注意事項

全回出席することを原則とする。やむを得ない理由で遅刻・欠席する場合は必ず連絡すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

世の中のグローバル化は進んでおり、各分野でグローバルに活躍する、あるいはグローバルな視点を持った人材が求められています。科学技術の分野も例外ではありません。科学技術の分野では、世界の研究開発動向を掴むために、国内外で出版される最新の情報を収集し理解する力が重要です。最新の情報は英語であることが多いため、英語の科学記事・文献を読み、理解する力が重要となってきます。また英語で発表する、討論する能力も益々重要となってきています。もし英語が苦手だと思っていても、怖がることはありません。理工系の英語は訓練すれば確実に身につきます。
また、現代の科学技術は分野の融合が進んでおり、物理・化学・生物・地学といった高校までの学問の括りでは分類できなくなってきています。専門に拘らずに広く知識を吸収し、新しい分野を開拓できる人材が求められています。皆さんの柔らか頭で知識をどんどん吸収し、創造力を養い、未来を切り拓く理系人材となることを目指しましょう!




時間割一覧へ戻る