2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170014513

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
柘植 尚志

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
木・5
●対象学部
文系・情(自然・コン)・理・農・工(化生・物工・マテ・電情・エネ)



●本授業の目的およびねらい

セミナーのテーマ:作物生産と微生物
 作物生産には、根粒菌、菌根菌などの共生(有用)微生物、植物に病害を引き起こす病
原(有害)微生物など多くの微生物がかかわっている。本セミナーでは、“作物生産に関
わる微生物”に関するテーマを設定し、それぞれのテーマについて、関連資料やデータの
収集・調査、その結果のとりまとめと発表、討論を行う。本セミナーを通して、主体的な
学習力、総合的な思考力、コミュニケーション能力を身に付ける。

●履修条件あるいは関連する科目等

 本テーマに興味を持って主体的に参加できること。

●授業内容

 本セミナーでは、まずはじめに、テーマ設定の参考とするための講義と微生物を身近な
ものとして感じるための実験を行う。それらを踏まえ、各自の学習を通して興味を持った
作物生産に関わる微生物に関するテーマをグループごとに設定し、資料の収集・調査、と
りまとめ、発表、討論を行う。

1.オリエンテーション・自己紹介
  授業の目的、進め方、ルールなどについて説明する。
2.テーマに関連する講義
  テーマ設定の参考として、作物生産に関わる有用微生物と有害微生物、それらの作物
  生産に及ぼす効果・影響、社会的なインパクトなどについて講義する。
3.微生物を身近なものとして感じるための実験
  身近に生息する微生物を培養・観察する。
4.テーマ設定と調査計画の立案
  講義、実験、各自の学習を通して、興味を持ったテーマをグループごとに設定する。
5.調査
  書籍、雑誌、インターネットなどを利用して対象となるテーマについて調査する。
6.発表準備
  調査内容を取りまとめ、発表準備をする。
  必要に応じてワープロやプレゼンテーションソフトの使用法について説明する。
7.発表会(プレゼンテーションと討論)
  全員が積極的に討議に参加する。
8.総括


●成績評価の方法

 出席と実験、調査、発表、討論への参加を総合的に評価する。
 履修取り下げ制度を採用する。

●教科書

 使用しない。

●参考書

 必要があれば適宜紹介する。

●注意事項

 全回出席することを原則とする。やむを得ず遅刻・欠席する場合は必ず連絡すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

 少人数のクラスですので、気楽に、恥ずかしがらずに自分の意見を述べてください。教
員は、その環境づくりに努めます。


時間割一覧へ戻る