2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170014409

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
黒田 達朗

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
木・4
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

「セミナーのテーマ:具体的な社会問題を経済学的視点から分析する眼を養う」
新聞やテレビのニュースで日々話題となる様々な社会的問題は、ほとんどの場合、背景に
経済的な原因・理由が存在しています。本セミナーでは、参加者それぞれが興味を持って
いる具体的な社会問題を取り上げ、経済学的な観点からそれらを捉え直し、解決策を探る
という初歩的訓練を主目的としています。また、ワープロによるレジュメの作成やパワー
ポイント等による報告、それに基づく討論(ディベート)などにより、各自の情報発信能
力の向上も目的としています。 

●履修条件あるいは関連する科目等

可能であれば、文系基礎・文系教養科目のうち、経済学系の科目の同時履修が望ましい。

●授業内容

 前半は、主として経済学の入門書を輪読しながらその基礎を学び、自分のテーマを見つ
ける作業を並行して行います。
 また、時間の許す範囲で、世界各地の経済・社会問題に関するドキュメンタリー番組を見た後、その内容に関する異なる立場を参加者に割り振ることによって討論(ディベート)を行います。その感想はA4一枚程度にまとめ、翌週に提出することとします。
 後半の6コマは、毎回2人が自分のテーマに基づいた報告をレジュメとパワーポイント等を用いて行い、その後、同様のディベートを行います。それらの議論や担当教員の改善示唆も踏まえた上で最終的に完成したレポートはCD−Rにまとめ、参加者に配布します。

●成績評価の方法

報告およびレポート:60%  授業への出席および討論への貢献:40%
最終のレポートが提出されない場合は「欠席」とする。

●教科書

伊藤元重、入門 経済学、第4版、日本評論社、2015、ISBN-10: 4535558175、
ISBN-13: 978-4535558175

●参考書

必要な場合には授業中に指示します。

●注意事項

毎回必ず出席し、積極的に討論にも参加すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る