2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170013325

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
奥村 文彦

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
水・3
●対象学部
理・工(化生・物工・電情・エネ・土建)



●本授業の目的およびねらい

高齢化社会における医療費の増加は、私たちが抱える大きな問題となっています。そのため最近ではセルフメディケーション(自主服薬)の促進による医療費の抑制が進められています。セルフメディケーションのためには、ある程度の薬に関する知識を持っていたほうが有益であると考えられます。
本授業では、「薬(くすり)」をキーワードに各自が興味のあるトピックを1つ選択し、作用メカニズム、対象となる疾患、関連する基礎研究などを調査、発表します。この過程で、情報収集の方法、プレゼンテーションのスキルなどを身につけます。

●履修条件あるいは関連する科目等

本テーマに興味があること。

●授業内容

薬に関して全く知識がなくても、薬局やドラッグストアなどで薬剤師に教えてもらうことによりセルフメディケーション(自主服薬)できますが、薬に関してある程度の知識を持つことは、トラブルの防止やより良い製品の選択などに役立つことが予想されます。

また科学的観点から、体内でどのような化学反応や細胞応答が起きているのかを知ることは興味深いです。

本授業では、「薬(くすり)」に関して各自興味のあるトピックを1つ選択し、関連する情報を発表します。発表内容を全員で討論し、自由に質問や意見を出し合うことによって理解を深め、新しい知見の共有を目指します。

ただし、薬に関して厳密に学ぶというよりも、①相手に情報を提供する場合、どのようにプレゼンテーションすれば、より伝わりやすいのか、②どのような情報源を根拠にするのか、③的確な質問の仕方、などを学ぶことを目指します。


●成績評価の方法

発表内容、プレゼンテーション技術、討論への参加とまとめ方などで総合的に評価する。
途中で履修の意思がなくなった場合,履修取り下げ届を提出する必要がある。

●教科書

紹介する内容に応じて各自で探す。

●参考書

紹介する内容に応じて各自で探す。

●注意事項

発表用のスライドは基本的にパソコンで作成します。可能な限りノートパソコンを持参して発表して下さい。ただしパワーポイント搭載のノートパソコン1台を発表時に貸し出せます。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

カフェのような雰囲気で楽しめたらいいと思います。


時間割一覧へ戻る