2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170013317

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
久野 純治

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
水・3
●対象学部
理・工(化生・物工・電情・エネ・土建)



●本授業の目的およびねらい

セミナーのテーマ:アインシュタインの相対性理論を学ぶ。
アインシュタインの相対性理論は現代物理学の1つであり、E=mc^2など誰もが知っている結果を持ち、多くの人を魅了するものであります。本セミナーでは学部1年生向けに書かれたテキストを輪講することで、相対性理論を学ぶと共に、予習し発表し議論をすることで理解を深めることを経験します。

●履修条件あるいは関連する科目等

履修条件:特にありませんが、高校で物理を勉強をしてない学生には難しいと思います。
関連する科目:力学、電磁気学、線形代数学、微分積分学を履修すると、より理解が深まります。

●授業内容

風間洋一氏による「相対性理論入門講義」の内容を、参加者が交代交代で発表し、全員で議論を行います。このテキストは以下の通り、主に光の速度一定から導かれれる特殊相対性理論を扱っており、最後で重力の理論である一般相対性理論の導入を行っています。

・ニュートン力学における相対性とマクスウェルの電磁気学
・光の伝播と絶対静止系の探求
・特殊相対論の基礎
・相対論的普遍性と共変性
・相対論的運動学
・マクスウェル理論の相対論的構造
・一般相対論へのプレリュード





●成績評価の方法

努力・意欲、発表能力・内容、討論への参加、レポートにより成績評価します。
なお、学期途中で履修の意思がなくなった場合、担当教員の許可を必要します。

●教科書

相対性理論入門講義 (現代物理学入門講義シリーズ)
風間 洋一著


●参考書

「アインシュタイン 相対性理論」 内山龍雄訳・解説(岩波文庫)
また、テキストに参考文献が記載されています。

●注意事項

新しいことが多数でてきますので、参加する学生は是非頑張ってください。欠席すると分からなくなる可能性が高まるので、欠席しないようにしてください。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

使う教科書は相対性理論を学部1年生が学ぶことができるように書かれた良書です。丁寧に読むことで正しく理解ができると思います。


時間割一覧へ戻る