2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170012537

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
千島 亮

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
火・5
●対象学部
医学部(保)



●本授業の目的およびねらい

ヒトの行う活動とは,日々の生活で行われている活動で,経験と文化によりその価値と意味が形成され付与されたものである.「活動」には,「日常生活の活動」,「仕事や生産的な活動」,「遊びや余暇活動」がある.こうしたヒトの「活動」について,様々な視点から理解を深めることが本セミナーのねらいである.本演習を通して,コモン・ベーシックとしての「読み(文献調査,課題抽出,検討)」,「書き(まとめ,報告書作成)」,「話す(討論,発表)」の知的トレーニングにより,「知の探究」や「学問の面白さ」を学び,自律的学習能力を高めることを目的とする.

●履修条件あるいは関連する科目等

履修の方法は3〜4名の研究活動グループを作り,本授業の目的に沿って,各グループが「ヒトの行なう活動」について興味のある活動を設定し,種々の情報メディアを活用して収集,分析して得られた結果をまとめて発表し討論する.

●授業内容

・レポートの内容(*各グループで取り上げる「テーマ」について)

  目的:報告課題の目的を明確に書く
  方法:第三者が追試できるよう手順を追って詳細に書く.
   対象:人数属性(性別,年齢,所属).
   使用器具:一般的な者は装置名,型式のみ.特殊な物は詳細に書く.
   課題:何をするのか明確に書く.どのような条件下での測定であるのかを明記する.
   手順:必要なデータを,どの装置をどのように使って得たか,1被験者について測定
      手順の時間や測定回数,複数の被験者については測定の順番等を記す.
  結果:測定した結果(値)等を表す.グラフ,表などを使用する.番号,表題,図中
     の記号の意味などを明記する.同一課題の複数のデータ(測定値)については統
     計的な手法を用いて処理する(平均値,標準偏差).本文の説明で図または表
     との対応明記する.測定データの意味することだけを書き.そこから得られる課
     題全体についての解釈や推測は「考察」で記す.
  考察:結果のまとめとその解釈を書く.他の論文の結果と測定結果を比較検討する.
  引用・参考文献:文献の各型についても注意する.
  自分自身の感想や意見など.

●成績評価の方法

セミナーヘの参加,発表,討論,レポートによる総合評価.


●教科書

特に必要なし.資料配付による.

●参考書

特に必要なし.資料配付による.

●注意事項

遅刻や休みが事前にわかる場合は,担当教員またはグループメンバー経由等で連絡のこと.
緊急連絡先  千島:052-719-1369 上村:052−719-1374

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

 これまでの反省として:グループ間で調査内容に格差があり,主張にも差が出てきた.十分時間を取っているので論点を明確にして激しいディベートが出来るよう準備いただきたい.

 一般的注意事項

  a.読み手の(教官,学生)の立場に立ち,読む者が理解できるように書く.
  b.フィールドワークで実際に測定(収集)したデータを記録する.教科書の例題や一般原理からの推測
   はこれに加えない.
  c. フィールドワークの課題,手順については一般に通用する熟語で記述し,不必要に具体的な情景描写
   はしない.
  d.簡潔になるよう心がけ,レポートの枚数をあまり増やさない.
  e.誤字,脱字に注意し,簡明な日本語で書くよう様心がける.専門用語を正確に使うことにより文章を短
   くする.
  f.文法にも注意を払うよう心がける.


時間割一覧へ戻る