2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170012535

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
島本 佳寿広

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
火・5
●対象学部
医学部(保)



●本授業の目的およびねらい

放射線技術学を専門としない学生を対象に放射線の性質と医学的利用に関する基礎を学ぶ機会を提供する。東日本大震災で発生した原発事故に関連して放射線被ばくに関する国民の関心が高まったものの,いたずらに恐怖心を煽るだけの非科学的かつ無責任な情報発信が後を絶たない。本セミナーでは基礎的な実験を通じて公衆被ばくや医療被ばくに関する正しい知識を身につけ,放射線に関して科学的論理性のある判断力を養うことを目的とする。

●履修条件あるいは関連する科目等

放射線技術学を専門分野とする学生は専攻別の専門科目のなかで、より高度な内容で同様の実験を行うため、保健学科放射線技術科学専攻の学生は受講許可していない。誤って受講登録した場合は、原則として他の担当者に再登録することになるので、注意すること。

●授業内容

初回はオリエンテーションとグループ分けを行う。グループは各3〜4名とし,実験や発表はグループごとで取りまとめる。2回目はTAによる放射線の基礎知識に関する講義を行う。

3回目以後,前半(5月-6月上旬)は簡易放射線測定装置「エアカウンター」を利用して,空気中の自然放射線量の測定や放射線防護に関連した基礎的実験を行い、放射線防護の正しいあり方を考える。「エアカウンター」を一人ずつ貸与するので、大学構内や自宅などの複数箇所で線量を実測する。身の回りの放射線量を把握し,場所や天候により放射線量が異なることを確認する。どのような場所や条件下で線量が高くなったり低くなったりするのか,その理由を考察する。

 基礎的実験では,身の回りにある微量の放射性物質を線源として線源からの距離や遮蔽物の有無による放射線量の変化を実測する。実験データの整理、結果のまとめを通じて実験レポートの様式に慣れるとともに,パソコンによる表集計やグラフ作成,プレゼンテーションソフトを使いこなすことも習得する。

後半(6月中旬以後)は医療被曝や放射線防護に関連するテーマについてグループ毎にテーマを設定し,文献を調べる。7月上旬に一人5分程度の発表会を行う。実験データの整理,文献の収集,プレゼンテーション資料の作成などは,本館2階メディア室1や図書館を利用する。


●成績評価の方法

履修取り下げ制度を採用しない。成績評価は課題への取り組み,実験レポート,プレゼンテーションの内容などから総合的に判断する。5回以上欠席するものは履修意志がないものと判断し,評価をFとする。

●教科書

特に指定しない。必要に応じ資料を配付する。

●参考書

特に指定しない。資料収集は,図書館やインターネットの検索から必要な情報を取得する。

●注意事項

実験や資料収集は3〜4名の小グループに分かれて行うため,グループの他のメンバーに迷惑をかけないようにすること(特に実験日は欠席しないこと)。保健学科放射線技術学専攻の学生が受講申請した場合,原則として他の担当者のセミナーに配属し直しすることになるので,受講申請しないこと。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

保健学科放射線技術科学専攻の学生は受講許可していないが、毎年1~2名が誤って配属されてくる。原則として他の担当者に再登録することになるので、注意すること。


時間割一覧へ戻る