2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170012410

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
小堀 聡

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
火・4
●対象学部
文学部
教育学部
経済学部
法学部



●本授業の目的およびねらい

目的:「調べ、発表し、書く」技術を身に付ける。
 大学での学びを深めるには、関心を持ったテーマについて自分で調べたり、その内容を伝え、お互いに議論したりする技術を身に付けることが必要です。また、卒業論文を作成するには、そもそも何をどういう切り口で調べるのかを考え抜くことが重要になります。このセミナーでは、3~4人で1組となって共通のテーマ(社会問題に関することであれば何でもよい)について「調べ、発表し、書く」ことで、この技術を磨くことを目標とします。

●履修条件あるいは関連する科目等

特になし

●授業内容

1.ガイダンス、グループ決め

2.現代社会の主要な問題を議論する

3.各グループで問いを設定する

4.図書館を利用して調査をする

5.パワーポイントを利用してプレゼンをする

6.共同論文を執筆する

●成績評価の方法

・セミナーへの参加状況(70%)+期末課題(30%)。
・履修取り下げ制度は認めない。期末課題未提出の場合も「F」とする。

●教科書

使用しない。

●参考書

湯浅俊夫『合格小論文の書き方』旺文社、2004年
池上彰『わかりやすく〈伝える〉技術』講談社現代新書、2009年
ガー・レイノルズ『シンプルプレゼン』日経ビジネスアソシエ、2011年
三浦つとむ『弁証法はどういう科学か』講談社現代新書、1968年

●注意事項

英語のプレゼン教材を鑑賞する時間を1回設けます。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

 大学は教えてもらう空間ではなく、自ら学び、学問を創造する空間です。このセミナーでは、そのために必要な技術の“基礎の基礎”を修得することを目標とします。
 原子力発電、沖縄の基地問題、財政赤字……などなど、現代社会の諸問題に強い関心を持っている学生の参加を歓迎します。


時間割一覧へ戻る