2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170012403

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
上村 泰裕

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
火・4
●対象学部
文学部
教育学部
経済学部
法学部



●本授業の目的およびねらい

・本に読まれず、批判的に本を読めるようになること。
・人前でわかりやすくプレゼンできるようになること。
・話したり聞いたり、建設的な議論ができるようになること。

●履修条件あるいは関連する科目等

特になし。

●授業内容

自由と平等、市場と民主主義といった人間社会の根本問題をめぐって、たんに本の内容を「理解する」だけでなく、著者と同じ地平に立って「議論を楽しむ」ことができるようになりたい。そのためには、「概念を使って考える」方法を学ばなくてはいけない。このことは、経済学や社会学だけでなく社会科学全般への入門として役立つはずである。大学院志望者や、そうでなくても社会の知的リーダーたらんとする皆さんに受講を勧めたい。

●成績評価の方法

・担当範囲のプレゼンテーション。
・毎回の議論への参加。

●教科書

猪木武徳『自由の思想史――市場とデモクラシーは擁護できるか』(新潮選書、2016年)

●参考書

特になし。

●注意事項

・毎回必ずテキストの該当範囲を読んでコメントを作ってくること。
・毎回必ず積極的に議論に参加すること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

ゼミは大学教育の中心である。それは、フンボルトとともに近代大学の理念を作った哲学者のフィヒテが述べている通りである。「ゼミナール。学園生活のあちこちで目に見えないかたちで行なわれているいくつもの対話のなかにあって、ある問題について学生が質問し教師が反問して、そこにはっきりしたソクラテス的な対話が成立する場である」(フィヒテ「ベルリンに創立予定の、科学アカデミーと緊密に結びついた高等教授施設の演繹的プラン」1807年)。


時間割一覧へ戻る