2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170011532

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
林 誠司

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
月・5
●対象学部
文系・情(自然・コン)・理・農・工(化生・マテ・電情・機航・土建)



●本授業の目的およびねらい

主テーマ「ニュージーランドの自然・文化・社会」に関するセミナー活動を通して,国際理解や多文化共生についてのリテラシーを高めるとともに,自ら設定したサブテーマに関する情報を収集し,わかりやすく論理的に説明する力を養う.

●履修条件あるいは関連する科目等

本テーマに興味があり,主体的に取り組むことができること.

●授業内容

「南半球の小さな大国」と評されるニュージーランドは,世界で最初に婦人参政権を認めた国であり,古くから先進的な福祉政策を打ち出してきた.また,マオリ族とヨーロッパ系,アジア系,ポリネシア系移民からなる多民族国家であり,幾多の摩擦を経つつも,より理想的な共存関係を追求している.地質学的にはゴンドワナ超大陸から8000万年ほど前に分離したため,キーウイやムカシトカゲなど独自の生物相を有する.現在は日本と同様,プレート境界付近に位置し,地震・火山国であると同時に,ダイナミックな自然景観に恵まれ,世界中の旅行者を魅了している.本セミナーでは,受講者が興味を持ったニュージーランドに関するサブテーマを一つずつ選び,資料調査,プレゼンテーション,ディスカッションを通して,アカデミックスキルを磨く.まとめとして,プレゼンテーションとディスカッションの結果をふまえ,最終レポートを作成する.

スケジュール(予定)
【1回目:オリエンテーション】参加者の自己紹介,全体の進め方の説明,サブテーマ例と資料の収集方法の説明,プレゼンテーションの方法の説明,著作物の引用方法に関する注意など.
【2回目:担当教員による講義】主に地球科学的な側面からニュージーランドに関する理解を深めるような講義を実施する.
【3~14回目:受講生によるプレゼンテーション】選択したサブテーマに関し,一人につき二回づつ発表の機会を設ける.一回目のプレゼンテーション時の指摘やディスカッションをふまえ,よりポリッシュアップしたものを二回目のプレゼンテーションとして行う.
【15回目:まとめと総合討論】


●成績評価の方法

プレゼンテーション(40%),討論への参加(30%),最終レポート(30%) .履修取り下げ制度を採用する.

●教科書

なし.

●参考書

NUCTシステムや配布プリントで紹介する.

●注意事項

無断欠席や遅刻をしないこと.
履修を取り下げる際は,必ず履修取り下げ届けを提出すること.

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

文理融合クラスなので,幅広い分野を学究することができるようなテーマを設定しました.知ること,伝えること,議論することの楽しさを感じていただければと思っています.


時間割一覧へ戻る