2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170011526

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
野中 千穂

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
月・5
●対象学部
文系・情(自然・コン)・理・農・工(化生・マテ・電情・機航・土建)



●本授業の目的およびねらい

セミナーのテーマ:文献内容を理解し、自分の理解をわかりやすく伝える
文献を読み、その内容を理解し、自分なりに消化と解釈を行い、それらをわかりやすく伝える作業に慣れることを目標にします。教科書としては「歴史をたどる物理学」(安孫子誠也著)を取り上げます。物理学は身の回りの自然現象や日常的な経験をもとに発展してきました。それが今日では日常的な経験を超えた素粒子、原子核、物性、生物物理など多岐にわたった分野へと広がりを持っています。その過程を歴史をたどりながら学んでいきます。

●履修条件あるいは関連する科目等

特にありません。

●授業内容

教科書としてあげた文献を読んで、内容に関連すること、内容に関連して興味を持ったことについて自分なりに文献を調べ発表します。
・発表者は事前に発表ファイルを準備します。 
・1回につき2−3人程度による発表を予定しています。
 講義期間中に2回から3回発表してもらいます。
・発表中の質疑応答や議論も重視します。
・発表中での質疑、議論などをまとめレポートとして提出してもらいます(2〜3回程度)。

第1部 物理学の生立ち(力学、光学)
第2部 産業革命期の物理(熱学、電磁気学)
第3部 物理学の大変革(相対論、量子論)
第4部 今日の物理から(原子核、物性、その他)

●成績評価の方法

出席(50%)、発表(30%)、発表に関する質問、議論などへの参加(10%)、レポート(10%)


●教科書

歴史をたどる物理学, 安孫子誠也 著 、東京教学社

●参考書

教科書をもとに適宜文献を自分で調べることを求めます。

●注意事項

・本文に関する数式説明は意欲がある学生のみに求めます。必須ではありません。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る