2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170011414

●科目区分
基礎セミナー

●科目名
基礎セミナーA
●主担当教員名
小島 康明

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
月・4
●対象学部
情(自然・コン)・農(環境・資生)・工(マテ・機航)



●本授業の目的およびねらい

セミナーのテーマ「放射線・原子力について考える」
放射線や放射性物質は工学,農学,医学,理学,考古学など様々な分野で利用されて
いる.しかし,その一方で,不適切な使用に伴う過度の被曝などのリスクが存在する
のも事実である.この授業では放射線や原子力を主テーマとして,物事の多角的な側
面を理解する上で必要な文献調査や意見交換の能力を強化し,学問的知識探求プロセ
スの面白さを体験することを目的とする.また,この過程において自分の意見を明確
にまとめる力やプレゼンテーション能力を養う.

●履修条件あるいは関連する科目等

本テーマに興味を持ち,主体的に取り組むこと.

●授業内容

本セミナーの参加者が,各自で講義前に放射線や原子力に関する現在の認識をまと
めておく.第1回目に自己紹介および自分の認識を発表する.
2回目以降の講義で,放射線・原子力に関するいくつかの話題を提示するので,そ
れを参考に調査報告を行うサブテーマを決める.それ以降の授業回では,調査結果
の報告と参加者全員の討論によって理解を深めていく.

1.サブテーマを提示し,担当を決める.
2.情報調査方法やソフトウェアの使い方を学ぶ.
3.サブテーマについて,中間的な発表と討論を行う.これにより,最終報告に
  向けて,さらに検討すべき項目を発見し,問題意識を深める.
4.サブテーマについて最終的な発表と討論を行う.

上記に加え,サブテーマ選択の参考にするために,放射線に関する基礎的な講義や
簡単な計測実験(自然放射線の測定)を数回実施する.


成績評価の方法
毎回の出席を前提として,発表(40%),討論および取り組み状況(セミナーへの積
極的な参画を重視する.40%),レポート(20%)で評価する.
履修取り下げ制度を採用する.


●成績評価の方法

毎回の出席を前提として,発表(40%),討論および取り組み状況(セミナーへの積
極的な参画を重視する.40%),レポート(20%)で評価する.
履修取り下げ制度を採用する.

●教科書

特に指定しない.必要に応じて資料を配布または文献を紹介する.

●参考書

特に指定しない.

●注意事項

発表資料やレポートの作成において,著作権を侵害しないように十分に注意すること.

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る