2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170082582

●科目区分
開放科目

●科目名
教育情報工学Ⅱ
●主担当教員名
後藤 明史

●単位数
2単位

●開講時期
後期
火・5
●対象学部
全学部



●本授業の目的およびねらい

本講義では情報基盤センターに設置されているメディアスタジオを用いビデオ制作実習等を行います。ビデオ作品、マルチメディア作品の制作を行いメディア制作の実際を学び高度な映像メディアリテラシーの獲得を目指します。

●履修条件あるいは関連する科目等

授業内容は教育情報工学1から連続するため、教育情報工学1の履修がこの授業の履修条件です。しかし,未履修の方も同程度の知識・技能を持つことを条件に個別に受講を許可します。下記注意事項を参照し事前に連絡をして下さい。

●授業内容

1.メディアに関する新しい技術や話題を取り上げ、講義を行います。
2.受講生の興味に応じ,テーマを設定しビデオ作品を制作します。テーマの設定,企画,構成,取材,撮影は学生の主導によって進められます。制作するビデオ作品や取り上げるテーマはたとえば以下のようなものが考えられます。
・公共広告の制作
  ACジャパンCM学生賞応募作品の制作
・学校教育へのメディアの利用
・政治とメディア
・DVDオーサリング技術を利用した新しい映画の可能性
・オーケストラ演奏の撮影技法
・大学祭記録ビデオの制作
・テレビ放送のデジタル化にともなう番組の変化
・コンピュータによる映像編集技術
・研究室紹介-名古屋大学最先端研究-

●成績評価の方法

ビデオ等の作品の制作を課題とし評価します。履修取り下げ制度を採用します。

●教科書

使用しません。

●参考書

必要に応じ授業で紹介します。

●注意事項

教育情報工学1を履修せずに、この授業の受講を希望する学生は、授業ウェブページを参照し、事前に電子メールなどで担当教員に連絡して下さい。ビデオ番組の制作のため授業時間外の活動が必要ですので、承知の上受講してください。10名程度の受講制限を行います。

●本授業に関する参照Webページ

http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~goto/class/nuilasindex.html

●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

昨年度までの提出作品をご覧になりたい方は,担当教員の後藤まで連絡して下さい。


時間割一覧へ戻る