2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170082481

●科目区分
開放科目

●科目名
国際社会法政ー日本におけるイミグレーションー
●主担当教員名
ISHIKAWA CLAUDIA

●単位数
2単位

●開講時期
後期
火・4
●対象学部
全学部(英語授業)



●本授業の目的およびねらい

本講義では、日本に滞在する外国人の法的、社会的な地位の分析を行う。特に、出入国管理法制の枠組み及び外国人受入れに対する今後の政策に焦点をあてる。本講義は、基本的に日本における動向を中心とするが、交換留学生のために企画された授業で、学生各々の国における状況との比較、国際法上の外国人の保護に関する検討も望ましい。

●履修条件あるいは関連する科目等

英語での授業を理解し、議論への参加やプレゼンテーションが充分可能な英語力を持っていること。TOEFL iBT 70、IELTS 5.5またはTOEIC 780点以上。 

●授業内容

This course aims to analyse the legal and social status of foreign nationals in Japan. It focuses on the immigration law framework, immigration policy, rights and protections afforded under domestic laws, and prospective developments pertaining to their admission and residence. Time will also be devoted to discussing anti-terrorism and security measures, international marriage and families, as well as Japanese perceptions of foreigners.
Students are encouraged to draw comparisons with situations in their home countries and, possibly, to examine the protection afforded to foreign nationals under international law. Topics to be covered include:

1.Citizenship in Japan
2.Japan's Immigration Framework I: A Short History
3.Japan's Immigration Framework II: Relevant Laws and Ordinances
4.Assessment of Current Immigration Policy Developments
5.Foreign Crime, Terrorism, and Security Measures
6.Japan's Refugee Policy
7.Composition of Foreign Nationals in Japan
8.Foreign Workers: DVD Sour Strawberries
9.Foreign Nationals' Civil and Political Rights under Domestic Law
10.Foreign Nationals' Social and Economic Rights under Domestic Law
11.International Marriage and Families
12.Japanese Perception of Foreigners

Readings will be distributed by the class instructor.

●成績評価の方法

出席・授業参加20%、グループ・プレゼンテーション30%、レポート(英文:2000単語、日本語:4000字)50%。履修を取り下げる場合は、履修取り下げ届を提出すること。

●教科書

使用しない。

●参考書

授業で配布する。また、必要に応じて紹介する。

●注意事項

交換留学受入れプログラム(NUPACE)のために企画された授業で、留学生と合同で行う。 
教室:国際教育交流センター(旧留学生センター)207

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

該当なし。


時間割一覧へ戻る