2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170081181

●科目区分
開放科目

●科目名
ミクロ経済学Ⅰ
●主担当教員名
田村 彌

●単位数
2単位

●開講時期
後期
月・1
●対象学部
全学部(経済学部を除く)



●本授業の目的およびねらい

ミクロ経済学は、価格理論とインセンティブ理論の2つの柱からなる経済学全般の基礎となる学問分野です。本講義では、効率的資源配分と市場メカニズムの機能を分析する価格理論の基礎的分析力を育成することを目的とします。

●履修条件あるいは関連する科目等

特になし。

●授業内容

1.導入:需要と供給
2.最適消費(1):図解による分析
3.最適消費(2):計算による分析
4.財の分類・スルツキー分解
5.支出最小化問題
6.復習
7.交換経済の一般均衡分析(1):エッジワースの箱とパレート効率性
8.交換経済の一般均衡分析(2):競争均衡と厚生経済学の基本定理
9.生産関数と費用関数
10.損益分岐価格と操業停止価格
11.長期と短期の費用曲線
12.規模に関する収穫
13.復習
14.生産も含む一般均衡
15.まとめと応用

●成績評価の方法

期末試験で評価する。試験では(1)基本用語の理解、(2)図解や計算による分析の直感的な説明、(3)最適化の基礎的分析力などを問う。履修取り下げにあたり、履修取り下げ届を必要としない(期末試験を受験しない場合「欠席」評価となる)。

●教科書

[1] 神取道宏『ミクロ経済学の力』日本評論社 ISBN 978-4-535-55756-7

●参考書

[1] 尾山大輔・安田洋祐『改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める』日本評論社 ISBN 978-4-535-55659-1

●注意事項

講義スライドや練習問題が担当教員のウェブサイトから入手できます。適宜利用してください。
また高校のときに数学が得意科目でなかった方は,予習も兼ねて教科書の1章と補論Aを事前に読んでおくとよいです。

●本授業に関する参照Webページ

https://sites.google.com/site/wtamura24econ/teaching/2017u_micro1

●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る