2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170071382

●科目区分
開放科目

●科目名
心理・教育のデータ解析
●主担当教員名
石井 秀宗

●単位数
2単位

●開講時期
前期
月・3 月・4
●対象学部
全学部(教育学部を除く)



●本授業の目的およびねらい

統計的推測の論理と分析結果の読み方の基本的事項,統計ソフトの使用法を習得するために,心理学・教育学の研究で必要とされる統計分析法を学習する.

●履修条件あるいは関連する科目等

「心理・教育の統計学」で扱う内容は理解しているものとして講義を進める.

●授業内容

主としてテキストの8~16章を扱う.
・統計的推測の準備
・統計的検定の論理
・統計的推定の論理
・2群の平均値に関する推測
・多群の平均値に関する推測
・相関係数に関する推測
・分割表に関する統計的推測
・比率に関する統計的推測
・Rを用いた統計分析実習

●成績評価の方法

 小レポートと筆記試験による総合評価.小レポートを3つ以上提出した者は出席者とし,成績をSABCFで評価する(出席者で筆記試験を受験しない者の成績はFとする).履修上の注意も必ず読むこと.

●教科書

石井秀宗 人間科学のための統計分析―こころに関心があるすべての人のために― 医歯薬出版 2014

●参考書

石井秀宗: 統計分析のここが知りたい-保健・看護・心理・教育系研究のまとめ方 文光堂 2005

●注意事項

前期後半(6,7月)に開講する.筆記試験を学期末に行う.
 小レポートの提出が2つ以下の者を欠席者とする.履修取り下げ用紙は用いない.
 フリーソフトRを用いて統計分析を行うレポートを課すので,個人の,または管理者権限を有しているパソコンを持っていることが望ましい.

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

統計学は,「分からない」ということが分かりやすい学問です.一度度聞いて分かる(分かったつもりになれる)ものではありません.二,三回勉強すると同時に,自分で分析してみて初めて,分かるようになってきます.それゆえ,演習課題(小レポート)を重視します.手続きだけを覚えるのではなく,その背後にある論理を理解して下さい.
 私語や遅刻はとても迷惑な行為なのでしないでください.当人はそれほどのこととは思わないのでしょうが,他の人にとっては大変迷惑です.私語や大幅な遅刻など,他の受講者に迷惑となる行為及び不正行為をなす者の成績はF (不可)とします.


時間割一覧へ戻る