2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170041207

●科目区分
全学教養科目

●科目名
芸術と人間精神
●主担当教員名
伊藤 大輔

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅳ期
月・2
●対象学部
全学部



●本授業の目的およびねらい

この授業では、主として日本の仏像についてお話しします。仏像は、数々のタレントによる盛り上げもあって、ジャパニーズカルチャーの一角を担うコンテンツとして広く人気を博しています。また和の心に癒しを求める人々をも強く引き付けています。
このような現代日本のカルチャーの状況をうけて、この授業では、仏像の初歩的な見方をお話ししていきます。それによって、日本文化に理解を深めるきっかけをつかみ、教養人としての感性を磨いてもらいたいと考えています。ただし、授業内でサブカルチャーへの言及はありません。

●履修条件あるいは関連する科目等

細かい履修条件はありません。仏像に関心のある方はどうぞ。

●授業内容

授業内で以下のトピックをお話しします。

1.イントロダクション
2.飛鳥時代の仏像
3.白鳳時代の仏像
4.天平時代の仏像
5.平安時代初期の仏像
6.平安時代後期の仏像
7.鎌倉時代の仏像

授業では、まず各時代の政治的、文化的な時代背景を確認し、次に各時代の仏像の全般的な特徴(時代様式)についてお話しします。さらに各時代を代表する仏像=個別作品の様式的特徴についてお話ししてゆきます。

●成績評価の方法

出席状況と期末のレポートによって評価します。
基本的に期末レポートによって点数化し、出席が少ない場合は減点といたします。
履修取り下げ制度を採用します。

●教科書

特にありませんが、授業内で適宜プリントを配布します。

●参考書

辻惟雄『日本美術の歴史』(東京大学出版会)ISBN 4130820869
佐藤康宏『改訂版 日本美術史』(放送大学教科書)ISBN 4595314752

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

授業では、図版をスクリーンに映写してお見せしますが、立体物である仏像は実物を見るに越したことはありません。
日々の時間の中で、神社仏閣・美術館博物館等に積極的に足を運ぶことをおすすめします。


時間割一覧へ戻る