2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170043312

●科目区分
理系教養科目

●科目名
微生物の科学
●主担当教員名
饗場 浩文

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅳ期
水・3
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

主に以下の4点に重点をおいて講義を行い、人間生活を含めた地球環境における微生物の重要性の理解を深める。
(1)微生物の世界は真核生物と原核生物が混生している。
(2)微生物は多様な環境で生育できるものがあり、大量に培養することが可能である。
(3)微生物を利用して、物を造ったり分解したりすることができる。
(4)微生物の働きは地球環境と深く関わっている。

●履修条件あるいは関連する科目等

履修条件は特に無し。関連する科目:生物学入門、遺伝子の世界、バイオテクノロジー

●授業内容

 1、微生物学とは
 2、微生物研究法
 3、微生物の構造
 4、微生物の分類
 5、微生物の代謝(1)
 6、微生物の代謝(2)
 7、微生物の生育
 8、ウイルスとバクテリオファージ
 9、微生物の遺伝(1)
10、微生物の遺伝(2)
11、微生物と高等生物の共生
12、微生物の生態
13、微生物の利用(1)
14、微生物の利用(2)
15、微生物と病気

●成績評価の方法

平常点(50%)および課題の成績(50%)を総合的に判断し評価する。

●教科書

特になし。

●参考書

「微生物科学」宍戸和夫、塚越規弘共著(昭晃堂)、「微生物学への誘い」山中健生著(培風館)、「人に役立つ微生物のはなし(シリーズくらしの中の化学と生物8)」日本農芸化学会編(学会出版センター)、「ブロック微生物学」マディガン、マルティンコ、パーカー著・室伏、関訳(オーム社)

●注意事項

特になし。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

微生物について平易に紹介します。
微生物の知識は必ずしも必要ありません。
村瀬 潤(前半担当:生命農学研究科)、饗場浩文(後半担当:創薬科学研究科)の2名で担当します。


時間割一覧へ戻る