2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170041120

●科目区分
理系教養科目

●科目名
図情報とコンピュータ
●主担当教員名
北 栄輔

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅳ期
月・1
●対象学部
農学部
工学部
情報文化学部(自然)
医学部
理学部



●本授業の目的およびねらい

数式処理ソフトウェアMathematicaを用いた実習を行う.数式処理ソフトウェアを利用して,代数学,微分積分などの数学の実習を実施した後,グラフィックス,アニメーション,作曲を行う方法について学習する.これらの実習を通して,総合的な判断力と思考力を培う.


●履修条件あるいは関連する科目等

履修条件は特に無い.関連する科目には、数学や情報リテラシー等をあげることができる.

●授業内容

全学教育棟3階のSISラボに設置されているWindowsパソコンを使用して、以下の内容について実習を主にした授業を行う。

01.ガイダンス
02.Mathematicaの基礎
03.Mathematicaによる数学の基礎
04.Mathematicaによる代数学
05.Mathematicaによる線形代数
06.Mathematicaによる微分・積分
07.Mathematicaによる幾何学
08.演習課題と総括
09.Mathematicaによる2次元グラフィックス
10.Mathematicaによる3次元グラフィックス
11.Mathematicaによるアニメーション
12.Mathematicaによる質点系力学の基礎
13.Mathematicaによる作曲
14.Mathematicaによる作曲
15.総括


●成績評価の方法

・講義中に課すレポート80%,講義への出席20%として評価する.
・レポートには,一般課題と努力課題があり,それらの完成度等により評価する.
・履修取り下げ制度を採用する.

●教科書

使用しない.

●参考書

必要に応じて紹介する.

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ

http://www.ipl.cs.is.nagoya-u.ac.jp/~zujyo/

●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

授業は実習を中心に行うので,気楽に参加して欲しい.


時間割一覧へ戻る