2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170035105

●科目区分
文系教養科目

●科目名
人間と環境
●主担当教員名
鈴木 敦命

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
金・1
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

人間が環境中の情報をどのように処理しているかを探求する学問である認知心理学の基本について解説する。認知心理学では,心を知覚,記憶,思考,感情などの諸過程に分解した上で各過程がもつ特徴を実験や調査を通じて明らかにし,そのしくみについて推察をおこなう。本授業では,認知心理学の基本的な考え方に触れることを通じて,自分自身を客観的に分析する視点や態度を学ぶことを主な目的とする。

●履修条件あるいは関連する科目等

とくになし。

●授業内容

下記のトピックを扱う予定である。授業では,具体的な研究データの見方を詳しく説明するとともに,実際に実験や調査に参加してもらうことを通じて,実証的な心理学になじんでもらう。

1. 心を研究する方法:行動主義と認知心理学
2. 解けない問題を解く:知覚の挑戦
3. 見えているようで見えていない:注意と意識的知覚
4. 見えていないようで見えている:自動的・潜在的情報処理
5. 嘘も百回つけば本当になる:記憶の多様性
6. せっかちでケチな人間のデフォルト:ヒューリスティックとその問題点
7. 合理性とは何か:意思決定の規範と実際
8. 所変われば価値変わる:価値判断の文脈依存性
9. 冷めた頭脳の功罪:感情は理性の敵か
10. 合理性が失敗するとき:協力行動の不思議

●成績評価の方法

期末試験と平常点を総合して,成績を評価する。

●教科書

とくに指定しない。

●参考書

授業中に適宜紹介する。

●注意事項

心理学の研究法についての理解を深めてもらうため,実際の実験や調査に参加してもらうことがある。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る